<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「そこをなんとか」9巻 著者:麻生みこと

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
東海林に頼まれ楽子が弁護することになったのは、「母さん助けて詐欺」の受け子を働いた少年! 
全然喋ってくれないその少年が隠そうとした真実は…!? 
ほかに服飾ブランドの自己破産などに体当たりで挑む☆ 
2014年7月刊。

9巻です。
今回は、コメディ色が低いような…。
らっこちゃんの成長は感じるけどね。


web拍手 by FC2


来月からドラマですか。
結局、前回って最初だけしか観なかったのだけど、続きが出るってことは人気があったということか?
9巻の発売が微妙に遅かったような気がするのだけど、それはドラマの開始時期に合わせたという大人の事情によるものなのだろうか?
まあ、無事に出たのでよいのですか。

今回は結構ヘヴィーな話が多かったような。
いや、弁護士が必要なことって大抵はヘヴィーなことなんですが、今回はねえ〜。
少年犯罪から、男女の愁嘆場まで…。
らっこちゃんの事務所はなんでもありだから、仕事の幅も広いわ…。
だけど、今回は本当に成長したなあ〜とか思ってしまいました。

で、弁護士の仕事は置いといて、この作品はラブ関係へと発展するのか?
麻生さんの過去作品を考えると、はっきりした決着はつけないと思うけど、なんか8巻といい、東海林先生のポイントがどんどんあがっているよな…。
一応、赤星くん派なんでさあ…(苦笑)
っていうか、赤星くんの出番が全然なくて…。
最後の最後でおまけのように…。
そして、彼の想いは相変わらず空回りしているようで…。
ああ、毎回云ってるような気がするが、今回も云う…。

頑張れ、赤星くん…。

2014.07.26 Saturday 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< T★KIO in JOINALIVE2014 | main | 「湯の町茜谷便り」著者:砂原糖子 イラスト: 花小蒔朔衣 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 11:34 | - | - |