<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「湯の町茜谷便り」著者:砂原糖子 イラスト: 花小蒔朔衣

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
編集者の穂積は取材で訪れた老舗温泉宿で美人女将・朱川と出会う。
朱川が男に思える穂積は、それでも惹かれていくが。

美人女将登場。
でも、これBLですからね。
あらすじにも、どうやら美人女将の正体は男性であると書いている。
ただ、普通そうなると美人女将の属性は「男の娘」っていうか、可愛い感じかなあ〜と想像されるけど、カバーイラストがそれを否定しております…。


web拍手 by FC2


いやあ、いくら双子の姉とそっくりだったとしても無理があるだろう…。
小柄ならともかく身長もあるし…。
迫力美人って済ますには…。
着物だと体型がごまかせるといっておるが、肩幅とか喉仏とかはごまかせないと思うし、第一、声が男だろう。
ハスキーな声で済ませれるのか?
とまあ、ツッコミ満点設定。
だけど、それも含めてBLはファンタジーだからね♪ってことなんでしょうか?

女装攻めが好きなひとは堪らないのかなあ〜。
私は特にそちら方面に萌えはないのですが、砂原さんの作品ということで購入。

そういう好みの問題抜きでも全体的に萌えが足りなかったような…。
ネタバレしますが、主人公2人は女将とライターとして出会う前から両想いなわけなんですが、なんだろうそこらへんの書き方が唐突な感じがしてねえ〜。
いきなり、そういう方向へ展開して、読んでいるほうが置いてきぼりを感じたような…。
やっぱり、女装攻めはいろいろと難しいよなあ〜ってことかしら。
あえて、そちらに挑戦したのだろうけど…。

可愛い話ではあったのだけどねえ。
もうちょっと、主人公の生い立ちとか掘り下げたほうが良かったのでは?
弟とかもっと活かせば良かったのに。
女将のほうも思い出話で説明済ませたのも。
そこらへんも含めて微妙な作品かな…。
イラストは可愛らしかったです。
2014.07.28 Monday 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「そこをなんとか」9巻 著者:麻生みこと | main | 「天狗の恋初め」著者:高尾理一 イラスト:南月ゆう >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:03 | - | - |