<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「かわいくないひと」著者:菅野彰 イラスト:葛西リカコ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
口が悪くて暴君なのに、どうしてデザインは美しいんだろう──。
建築デザイナーの友也(ともや)が密かに想いを寄せるのは、3歳年上の先輩・雨宮(あめみや)。
天才肌の才能と繊細な美貌を併せ持つ、友也の仕事上のパートナーだ。
けれど雨宮は自分の才能に無関心で、信頼している同期の意見にしか耳を傾けない。
雨宮の作品にも惚れている友也は、嫉妬と悔しさで毎日辞めてやると思いつつ、傍を離れられなくて!?

菅野さんの新刊。
雑誌掲載時に表題作は読んでいたが、終わっているような終わっていないような話だったのでねえ…。
書き下ろし後日談がついて文庫になったのはありがたい…。
正直な話、文庫化に凄く待たされるのではないかと思っていたのですよ…。


web拍手 by FC2

本当は『毎日晴天』シリーズの新装版コミック『チルドレン・タイム』の感想を書こうかと思っていました。
しかし、内容が『子供は止まらない』の感想とほとんど同じになりそうなので止めました。
勇太×真弓カップルの感想というふうになるから、どうしてもそうなるのよねえ。
その本だけの感想を書けばいいのだろうけど、すでにこの2人の未来を知っているわけだからさあ。シリーズ最新刊だと高校卒業ですよ。
12冊も文庫が出ているのだもの。高1が卒業もするさ…。
といっても、12巻が出るまでが長かった…。
まさか、あんなに待たされるとは…。

菅野さんの最後のBL作品が『高校教師、なんですが。』になっちゃうのかと思ったよ…。
あれ、私駄目だったのでねえ…。
我がネ申のユギさんのイラストでも、あのよくわからないテンションの作品にはついていけなかったもの…。

このまま、菅野作品を上書きできないまま終わるのかしら…(この場合、エッセイや新装版は別物としてお考えください)と思い、あきらめていたときに『小説Chara』の次号予告に「菅野彰」の文字!!
私は、半年後が楽しみで楽しみで…。
ただ、私はそのときイラストレーターの名前を読み落としていたのだろうか…(予告が掲載された号は購入していなかった)
勝手に『毎日晴天』シリーズの新刊だろうと思っていた…。

だから、待っていたものとは違うのだけど、新作が出たというだけでも嬉しかった。
コミュニケーション障害と思われる建設デザイナーとその後輩兼相棒とデザイナーが唯一信頼を寄せる友人の三角関係。
三人三様の想いがあります。
当て馬ポジションである深海も単なる当て馬ではないです。
主人公の一人といっていいかもしれない。
だからこそ、余計に雑誌掲載だけでは中途半端で…。
続きは〜!?となったわけであります。
だけど、『花屋の店番』が雑誌掲載され、文庫になるまで7年も待たされたからね…。(というか、雑誌を読んでいた時点では文庫が出ていなかった…)
本当に出るのかどうかトラウマとなっていました。
無事に出てよかった…。

書き下ろし部分のタイトルはこうなるだろうなあ〜と思ったら案の定のタイトルでした。
そして、タイトル通りになったかな?
わかりにくいけど…。
雨宮は雨宮なりに考えていたし、変わろうと思っていたのね。
自分の世界を守ってくれる男と嫌われたくないためにひたする相手の云うことに従う自分。
広い世界へ連れ出そうとする男と様々な感情を相手にぶつける自分。

深海がかなり気の毒なような気がしてきた…。
ただ、対等でない立場で関係を持ったら、どこか歪むことが深海にはわかっていたのだろうなあ〜。
だからって、あとから来た若造にかっさわれるのも…。
でも、それを望んでいたところもあったのだろうな。
自分には連れて行けないところへ瀬尾が雨宮を連れて行くことを…。

葛西さんのイラストも良かったな。
世界観が出ていた。

だけど、やっぱり次は『毎日晴天』の新刊を〜。
一度は諦めたけど、再び欲が出た。
やっぱり、志摩姉が帰ってくるところまで読まないとね。

2014.07.30 Wednesday 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「天狗の恋初め」著者:高尾理一 イラスト:南月ゆう | main | 読書メーター2014年7月 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:51 | - | - |