<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「じゃじゃ馬花嫁」著者:秀香穂里 イラスト:水名瀬雅良

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
おっぱい吸ってください

童貞ゆえの妄想力を生かし大手玩具会社で大人のオモチャを開発する和紗は、とある吉日、社長・結城の花嫁となった。なぜなら結城の婚約者で和紗の妹が式直前に駆け落ちしてしまったのだ。まあそれはいい。兄として当然の責任だ。だが、初夜まで要求され処女を奪われた和紗は、結城のテクニックでメロメロにされてしまう。しかもそのまま結城の新妻として破廉恥な新婚生活を送る羽目になり──♥ 
絶倫旦那様×DT花嫁のHいっぱいSweetLife♥

これも一種の新境地開拓といっていいのかしら?
読者の求めているものがそれとマッチしているのは置いといて…。


web拍手 by FC2


読んでいて楽しかったといえばそうなんだけど、秀さんに求めているものがこの路線価というとねえ〜。

タイトルからして微妙だった…。
秀さんで「花嫁」!?

いわゆる、身代わり花嫁…。
BLではそれなりにあるネタです。
ただ、これを秀香穂里さんがやるということにビックリ!!

秀さんといえば、どちらかというと仄暗い話を書かれる作家さんといいますか〜。
ハードな設定。男同士のガッツリラブ!!
そういうイメージ。
そのイメージの作家さんが「花嫁もの」
この意外性のある組み合わせ。
一筋縄でいかないだろうと思っていたのですが…。

「大人のオモチャ」というアイテムが活かされているのか活かされていないのか…。
妄想ネタもインパクト弱いなあ〜。
身代わりというわりには切なさが足りなかったというか〜。
別に今回に限ったことではないのだけど、男で花嫁という設定はツッコミどころ満点といいますか…。
多分、こういうことなんだろうなと思っていた通りだったりしたのもねえ…。

これって、本当に秀さんの作品なんだろうか?と疑ったり。
新境地開拓?
複数プレイとかは苦手なので、秀さんの作品を全て読んでいるわけではないけど、こういうあからさまなBLファンタジー設定を求めている作家さんではないのだけどねえ…。
閨のシーンは秀さんの作品かなあ〜とは思ったけどさあ。

楽しく読めたけど、そこまで萌えのない『花嫁もの』にもかかわらず購入したのは秀さんの作品だから…。
そういう意味では微妙だったかな…。
こういう設定が好きなひとはモヤモヤ感なく楽しく読めるのでしょう。
2014.08.21 Thursday 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 2日目も参加 | main | 「あなたの好きな人について聞かせて」著者:小林典雅 イラスト:おおやかずみ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:02 | - | - |