<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「あなたの好きな人について聞かせて」著者:小林典雅 イラスト:おおやかずみ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
コンビニバイトで生計を立てつつ作家を目指している路郎は、ある日ネタを考えながら 歩いていて車に轢かれかける。
間一髪で路郎を助けてくれたのが、コンビニの客でもある高校生の蓉平だった。
自分のせいで 骨折して入院する羽目になった蓉平に、何かお詫びをしたいと申し出たところ、 彼は毎日SSを書いて持ってこいと言い出して!? 
ツンデレ毒舌高校生と天然お人好し 小説家の卵の、年下攻スイート・ダイアリー♡

なんやかんや思いつつも、ディアプラス文庫作品が着実に増えている小林典雅さん。
でもねえ〜。
なんかねえ〜。


web拍手 by FC2


えっと、ディアプラス文庫での作品は5冊目かな?
どんどん増えてますね。
そして、一定期間のペースで増えている。
いいことなんだろうが、やっぱりインパクトが弱いような…。

作品のノリは『美男の達人』とかに近いのかなあ〜なんて思うのだが、あの作品ほどインパクトがないし、笑いもない。
しかし、ここまでくると、所詮ディアプラスだから典雅節はたいしたことないよねえ〜と読む前から思っている私の思い込みのせいかのかもしれない…。
そうなのかな?いや、どうなんだろう?
やっぱり、典雅節が弾けてないような〜。
5冊目になるのだから、そろそろ本当の自分を曝け出してもいいのでは?
それとも、そう思うのはおおやかずみ先生のキラキラ少女漫画イラストのせい?
雑誌掲載のときも、またミスマッチな組み合わせだなあ〜と思ったり。
おおや先生のイラストでは少なくとも下ネタ路線にはいけないよなあ〜と思ったものだ。
もっと、主人公の書く小説のほうだけでも弾けてよかったのでは?
シャンプーたちの擬人化…。
もう少し弾けても…。
どちらかというと百合もののほうに興味がわいたよ。
やっぱり、おとなしいよ。
レーベルに合わせているのかもしれないが、ディアプラスも昔に比べたらなんでもありになったような気がするので、もう少し己を出したほうが…。
だけど、受けの作品に対する攻めの寸評…。
あれって、典雅さんの実体験が元なのかしら?
2014.08.22 Friday 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「じゃじゃ馬花嫁」著者:秀香穂里 イラスト:水名瀬雅良 | main | 「お姫様だっこの後遺症」著者:高峰顕 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:28 | - | - |