<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ドアをノックするのは誰?」著者:鳩村衣杏 イラスト:佐々木久美子

今月2冊目の鳩村さんの作品。
前半だけ、雑誌で読んでいたのですよね〜。

ドアをノックするのは誰?
ドアをノックするのは誰?
鳩村 衣杏

【あらすじ】
大学の社会人向け講座で講師を務めた甲田は、生徒の一人である美貌のサラリーマン・頼久に一目惚れし二人は恋人同士となる。幼い頃亡くした両親に代わって弟と妹をひとり立ちするまで育て上げ、会社でも面倒見のよさから皆に慕われる頼久は、同居生活が始まるとかいがいしく甲田の世話を焼き、夜も素直で情熱的な姿を見せた。頼久が自分に惚れていると確信した甲田もまた、熱狂的な恋に落ちてゆく。だがそんな折、甲田の別れたはずのセックスフレンドが家に乗り込んでくるが頼久は怒らない。あまつさえ浮気さえ容認する頼久の、心が見えない甲田は次第に混乱と不安を感じ始めるが…。大学助教授×美人リーマンのセクシャル・ラブ!

テーマは“できすぎた美しき人妻のような受に翻弄される攻”。
と、シャレードのHPの作品紹介に書いてありました。
あとがきによると、「未亡人」という単語がきっかけで書いたとあります。
私の読了後の印象の受けは人妻とか未亡人とかより、「詛いがかけられていたお姫さま」ですね。
家を守る、弟と妹を守ると云う強迫観念は、ここまでくると一種の詛いだと思うのですよ。
まあ、王子様がその詛いを解いてくれたので、めでたし、めでたしです♪

しかし、前半部分だけ、雑誌で読んでいたのですよ。(山田ユギさんのマンガ目当てで、前半掲載号は買っていたので…)
その前半だけの印象は、この受けって何をかんがえているのだ!?というものでした。
もう、攻め同様、受けの対応に困惑でしたよ。
一体、どう収拾つけるんだ?という疑問が心の隅にずっと残っていたので、今回、後半、そしてラブラブ書き下ろしが読めてホッとしました。
詛いが解けたお姫さまは、やっと人間らしくなりました。
よかった、よかった♪

この作品はコメディだそうです。
まあ、そうだよね〜。
甲田の振り回されっぷりはコメディですね。
でも、それだけではないですね。
おとぎ話をベースにした大人の恋愛コメディとでもいいますか…。
でも、大人の恋愛のわりには、メンタル的には初恋同士な2人ですね。
今後も頼久は甲田を振り回して欲しいですね♪
2007.03.31 Saturday 01:17 | comments(6) | trackbacks(3) | 
<< 「水面に三日月」著者:あきよし菜魚 | main | 「メビウスの恋人」著者:火崎勇 イラスト:紺野けい子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 01:17 | - | - | 
ゆちゅらぶ♪ (2007/04/07 1:26 AM)
はーこさん こんばんは♪

この話、確かに前後編で読んだならどんな不思議ちゃんだと思うでしょうね〜(笑)
ヘタレな甲田がスカした言動で決めてるつもりで頼久に振り回されてるのが楽しくて、終始ニヤニヤしながら読んでた気がします(//△//)
でもヤキモチ焼きの美人妻、無敵ですよね!萌えさせていただきました♪

TBいただいてまいりますのでよろしくお願いします!
はーこ (2007/04/07 3:15 PM)
ゆちゅ♪さん、こんにちは♪

いやあ、本当に前編だけでは私も???っていう状態でした。
その頃って、鳩村さんの作品って、『映画館で逢いましょう』くらいしか読んでなくて、全然、『映画館で〜』とタイプが違う作品だったので、本当になんなんだ?この不思議ちゃんは!?って気分でしたよ。
今回、後半読めて、本当にホッとしています。
書き下ろしの続編は、私も読んでいてニヤニヤしてしまいました♪いやあ、本当に萌えましたよ♪
今月号の雑誌シャレードのショートもチェックしてしまいました。

TBありがとうございました♪
霖雨 (2007/04/09 10:27 PM)
はーこさん、こんばんは!

最初の料理屋でのシーンを読んでいたときには、まさかここまでコメディ要素の強いお話になるとは思いませんでした(笑)
年が年なので、やることはやっている2人なのに、普段の会話は初々しいですよね。そういう会話の前にやることやっちゃったせいで、順番が逆というか、何というか。
芝居で見ても面白そうだと思いましたが、夜の場面は上演できないから無理ですね…。

TBさせていただきますねー♪
はーこ (2007/04/10 1:42 AM)
霖雨さん、こんばんは♪

私、前半だけ雑誌で読んでいたのですが、前半だけではコメディだということにも気が付きませんでした。
なんだ?この受けは!?っていう驚きで頭が一杯で(笑)
いやあ、続きが読めてホッとしました。
しかし、こんなコメディ要素の話だったとは〜。
頼久さんの情緒が追い付く前にとんとん拍子に話が進んだのが間違いというか〜。順調に進んでいるようで、実はかなり遠回りをしていたということですね。
まあ、最終的にはラブラブなので良かったです♪

TBありがとうございました♪
miku (2007/04/15 5:22 PM)
鳩村さんは初読みだったのですが、この作品、皆様のレビューが好評で手を出してみました!好評なのが分かりました!

>その前半だけの印象は、この受けって何をかんがえているのだ!?というものでした。

確かに、完璧な受けでしたけど、こと恋愛に関してはズレてましたね〜。そこを甲田が人間にしてくれたのですが。あそこまで何を考えているか分からない受けが、最後よく上手くまとまったな〜って、鳩村さんの描写にびっくりしました。
書き下ろしのその後の2人まで、本編のようにきちんと組み込まれてあるようで、そのお話の流れに感嘆しました。

天然受けに、ヘタレ攻め、大人カプなのも好みでした(^^)

TB頂いていきます!
はーこ (2007/04/15 10:17 PM)
mikuさん、こんばんは♪

この作品を読んで、鳩村さんのイメージが変わりました。
『駄犬は〜』みたいな作品が得意な方だと思っていたので、こういう作風のものも書かれるとは驚きました。

今後も楽しみな作家さんです。

TBありがとうございました♪









天使の羽根に悪魔のしっぽ♪
ドアをノックするのは誰? 鳩村 衣杏 風呂とか台所はわかる。つーかむしろ萌えです! けど階段てなんやねん、階段てー! 先日感想書いた沙野さんの「くるおしく、君を想う」の文中にもありましたが、階段でいたすのは最近ひそかに人気なのですか? せいぜい最
| 水中雑草園 | 2007/04/07 1:28 AM |
ドアをノックするのは誰?
甲田は大学助教授だが、かなりの遊び人。興味本位で美貌のサラリーマン・頼久に交際を申し込む。 しかし思いがけないほどあっさりとOKが出て、トントン拍子に同居生活が始まると、すべてを捧げて尽くしてくれる頼久に甲田はメロメロに。(裏表紙から)
| 霖雨の彼方 | 2007/04/09 10:18 PM |
ドアをノックするのは誰?
初読み作家さん。評判がいいのと佐々木さんのイラストに惹かれて購入してみました。 素直におもしろかったです!コメディだけどちょっぴり切ない・・・。オトナ同士の不器用な恋愛もよかった! ドアをノックするのは
| BL本の日記 | 2007/04/15 5:16 PM |