<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「メビウスの恋人」著者:火崎勇 イラスト:紺野けい子

紺野けい子さんの挿絵に惹かれて購入。
挿絵も素敵だけど、紺野さんの新刊漫画が読みたいよ〜。
発売延期になっているリブレのコミックはいつでるのやら…。

メビウスの恋人
メビウスの恋人
火崎 勇

【あらすじ】
一代で大手レストランチェーンを築いた辣腕の青年社長・海門(かいもん)。欲しいものは必ず手に入れてきた男が、今一番執心しているのが、美貌の店員・八重垣(やえがき)だ。何度も通いつめて口説いた末、ようやく海門に身体を許してくれた八重垣。けれど「あなたは好きだけど、恋人にはなれない」と告げられてしまう!! 頑なに恋人になることを拒む、その理由とは…!? 運命に翻弄されるドラマティックLOVE。

なんか、ここ最近、家族が障害になって別れを選択しなければいけないという話ばかり読んでいる気がします。
『水面に三日月』は中学生だったけど、今回の話は二人とも社会人。
生活能力とかの関係で親に反対されたら泣く泣く別れなければならないということはないけれど、仕事とか背負うものが増えている分、縛られるものが多いわけでもあります。
今回の受の八重垣がまさにそう。
攻の海門のことを愛していても自分だけが幸せになるわけにはいかないと、愛しているけど海門の気持ちには応えれないと…。
自分達の関係を「ロミオとジュリエット」に例えています。
だけど、それだけでもないように思えます。
何故か、八重垣は己のことを過小評価しております。故に海門が自分に好意を持っていることに、どこか懐疑的だったりします。正直、家族問題を理由に逃げていたような気がします。
さて、そんな八重垣に対して、攻の海門は納得できないわけで〜。
それからの海門の行動が素敵です♪
そして、全ての問題を片付けたあとの台詞がとてもイイです♪

「お前は俺達をロミオとジュリエットだと言った。だが、俺はそうは思わない。あいつらは十三、四のガキだから、状況を変えることもできず策を弄して失敗したが、俺は大人だからな。恋を手に入れるために正面から堂々と迎えに来た。お前が気にしていた障害は全て取り除いた。あるのは気持ち一つだ」

こんな台詞云われたら、女冥利もとい男冥利につきるといいますか〜。
恋愛というのは努力も必要ですよね。
努力を惜しまなかった海門はおとぎ話の主人公と同様の幸せをつかみました♪
めでたし♪めでたし♪

と、よかったね〜とは思うのですが、多少ツッコミが…。
えっと、海門が最初に携帯番号を教えたとき渡した名刺には肩書き書いてなかったの?
それで、海門の肩書きがわかったら物語が始まりもしないのですが〜(笑)
あと、八重垣があそこまで自分を過小評価する理由がわからない…。料理の才能がないため跡を継げなかったこと、そのため姉の旦那である木原に負担をかけたことに負い目を感じているとか具体的なエピソードがあったら納得しやすかったかな〜。
そして、家族のため付き合えないなら、相手に好きだって云うなよ…。
まあ、自分の本当の気持ちだけでも伝えたかったのかもしれないけどさ〜。
心の隅で海門がなんとかしてくれるのを願っていたんかね…。
自分は努力しないでね。
こんなところもおとぎ話のお姫様気質なのかしら(苦笑)
2007.04.02 Monday 00:14 | comments(4) | trackbacks(2) | 
<< 「ドアをノックするのは誰?」著者:鳩村衣杏 イラスト:佐々木久美子 | main | 猫バトンに挑戦だにゃー♪ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 00:14 | - | - | 
霖雨 (2007/04/02 9:36 PM)
はーこさん、こんばんは!

学生のうちは、交際を親に反対されれば「大人になって干渉されないようになってやる」と思うのですが、いざ大人になったらしがらみが増えて、かえって交際は難しくなるんですよね…。
海門がどう障害を乗り越えてくれるか、読んでいてとても楽しかったです。

しかし、はーこさんのツッコミを読んで、私もその辺りが気になってたまらなくなってきました(笑)
ジュリエットはロミオと結ばれるために「策を弄して失敗した」わけですが、努力する分八重垣よりジュリエットの方が頑張りやさんですよね。
海門視点だった分、どうしても八重垣の気持ちが伝わりにくくて感情移入できないのが、贅沢かもしれませんが難だった気がします。

TB送らせていただきますね。
ゆちゅらぶ♪ (2007/04/03 1:28 AM)
はーこさん こんばんは!

名刺は私も思いました(笑)渡してたじゃん、って・・・。
しかしはーこさんのご指摘でそういえばそうか!と思いましたけど八重垣の場合は楽して儲けた♪って感じですかね。いえ、気持ち的に楽ではないでしょうが。
私としては今回火崎さんちの強引にマイウェイな攻の人たちも裏ではこんなにわたわたしてるのね、と可愛く思えて楽しかったです。

TBいただいてきますのでよろしくお願いしますね♪
はーこ (2007/04/03 8:44 PM)
霖雨さん、こんばんは♪

この作品、楽しかったのですが、海門視点だからでしょうが、イマイチ八重垣の真意が分からなくて〜。
海門があきらめの悪い男で良かったねーっていう気持ちです。
ただ、あなたもジュリエットのように頑張れよ〜とも思いました。
相手が海門で本当に良かったです♪

TBもありがとうございます♪
はーこ (2007/04/03 10:59 PM)
ゆちゅ♪さん、こんばんは。

海門はきっと仕事用とプライベート用の名刺を持っているのだと思います。っていうか、そう思うようにしてます(笑)
八重垣も少しは努力していたのかもしれないですけど、相手が海門で良かったですよ♪
振り回されながらも努力で恋を手に入れた海門に好感が持てる楽しい作品でした♪

TBありがとうございました♪









メビウスの恋人
一代で大手レストランチェーンを築いた辣腕の青年社長・海門。 欲しいものは必ず手に入れてきた男が、今一番執心しているのが、美貌の店員・八重垣だ。 何度も通い詰めて口説いた末、ようやく海門に身体を許してくれた八重垣。 けれど「あなたは好きだけど、恋人には
| 霖雨の彼方 | 2007/04/02 9:29 PM |
僕たちロミオとジュリエット
メビウスの恋人 火崎 勇 火崎さんの記事を書くのは久しぶりです。ずっと読んではいるんですけど、なかなか記事を書こうとまで思えないというか・・・(笑) でもこれは面白かった♪私火崎さんは攻視点の方が好きなのかもしれないな〜。 キャラ文庫 火崎勇 
| 水中雑草園 | 2007/04/03 1:29 AM |