<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「初恋と色情のトランス」著者:鳥谷しず イラスト:みずかねりょう

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
お前のここ、お前と一緒だな。美麗で、つんつんしてて、硬い。
キャリア管理官×色情霊に憑かれた堅物署長の相乗感度♥ラブエロス!

美人署長の秋森(あきもり)は、かつて親友に裏切られて以降、仕事に没頭して生きてきた。
ところが捜査で訪れたラブホテルで、美少年の色情霊・湊(みなと)に取り憑かれてしまった秋森は、捜査協力の見返りに「自分好みの男とHをしてほしい」と無理難題を要求されてしまう。
ところがその湊が指名したのは、かつての親友で、今は犬猿の仲のキャリア管理官・桐ヶ谷。恥を忍んで桐ヶ谷(きりがや)を誘った秋森だが、意外にも誘いに乗ってきた彼とのHで、初めてと思えないほど乱れてしまい…!? 
濃厚ラブエロス!

鳥谷さんのルビー文庫2冊目。
今回も警察もの。
本当に鳥谷さんって警察もの好きだねえ〜とか思ったり。


web拍手 by FC2


鳥谷作品は変態登場率が高い。
何を持って変態とするか定義は曖昧だが、私が読んでいて「変態」だと思う登場人物ばかりである。
ただ、鳥谷作品の変態は複数プレイは好みではないようだ。
二股もしない。
なんやかんやと相手一筋。
プレイボーイかと思ったら、結構一途っていうか、少なくとも受けとそういう関係になったら他は相手しない。
まあ、余りにもねちっこくて絶倫すぎるため、受けの健康を考えたら他所で発散してもらったほうがいいのではないかと思う攻め様ばかりだったりするのだけどね…。
そういう鳥谷作品には珍しく、複数プレイもの。
って云っていいのかな?
肉体的には1対1だけど、精神面的には1対2。

取り付かれて、男と経験。
なんかそういうのあったなあ〜。淫魔に取り付かれてうんぬんってやつ。
そちらは読んでいないのですが、あらすじ読んだとき思い出した。
今回はラブホテルの地縛霊ですが…。
今回のエロ担当はこの地縛霊でした…。
主人公はこの地縛霊である湊を憎めないやつだったといって受け入れたけど、どう考えてもはた迷惑な霊。
同情はする。
やりたいさかりの十代に真面目な恋人のいうことを聞いて、禁欲し、やっと願いが叶うと思ったら、死んでしまい〜。
その後、ずっとラブホテルで他人の情事をみることに…。
同情はするが、あまりにも欲望に忠実すぎて…。
こいつのおかげで恋が上手くいったのかもしれないが、あくまでも結果論だろ〜。
なんとなく、そういうことを思いながら読んだため、今までの鳥谷作品に比べたらちょっと引っかかった。
楽しかったは楽しかったが、引っかかりもあったなあ〜。
エロは多かったが、フェチ的な要素はなかったな。
結婚相手を探しつづけた攻めがある意味「結婚フェチ」ってことかしら?
十分、ねちっこいプレイをしていたのに、そうでもないようなマジックにかかったようです。
慣れって怖い…。

2014.10.05 Sunday 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「バーボンとハニートースト」1巻 著者:石原理 | main | 「アーモンドを七粒」1巻 著者:夏水りつ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:07 | - | - |