<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「アーモンドを七粒」1巻 著者:夏水りつ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
律儀で不器用な葉月が所属する商品企画部に、営業成績トップの同期・渡辺が異動してくる。自分とは違い、
容姿も性格もいい渡辺。そんな渡辺に反感を抱いていたけれど、食事に誘われて以来、週末は渡辺の家で鍋を囲み、
一緒に過ごす時間が密かに楽しくなっていた。
しかし、渡辺にある秘密を知られてしまい、ふたりの関係は大きく変わり始めて…?

1巻と表記。
おもいっきり続いてます。
結構、酷いところで続いてます。
この続きが載っている今発売している雑誌を購入しようかと真剣に迷うくらい酷いところで続いています…。


web拍手 by FC2


今まで、夏水さんの作品を取り上げてなかったようです。
全部読んでいるわけではないけれど、そうだったんだ〜って感じ。
BL読みになって結構な年数が経っていますが、まだまだ紹介していない作品があるのだなあ〜って感じ。
最近、新規開拓してないのだけどね…。

とまあ、そういうお家事情は置いといて、夏水さんの新刊。
改めて、夏水さんの作品の登場人物って性格がいいとは限らなかったなあ〜と思ったり。
いや、健気な性格の登場人物もいますけどね。
でも、今回の登場人物は聖人君子的なひとたちではないかなあ〜。
後半はともかく前半では受けは「リア充死ね」と心の中で百万回くらい唱えているような感じ。
共感できるところはあるけれど、同族嫌悪的で好きになれないというか〜。
僻みっぽい性格のようです。
後半は自分のリアルが充実になったために性格変わったけど〜。
それなそれで落とし穴がまっているというか〜。
だって、マンガですからね…。障害があるものですよ。
で、その障害である攻め。
いやあ、主人公である受けは気が付いていないけど、客観的視線で物語を知っている読者の視点では「ろくでなし」以外のなにものでもないといいますか〜。
まあさあ、マイノリティな性癖故に過去にいろいろあったのでしょう。
しかし、だからってどうなの?って行動で。
次巻でそこらへんが許せる過去があかされるのか?
過去はどうあれ、許される行動とは今のところ思えないけどねえ〜。
タイトルといい、結構伏線が残っている作品だよね。

しかし、この作品1巻と表記されておりますが、どちらかというと前編、後編という表記にしたほうが、良かったような〜。
あるいは、上巻、下巻?
おもいっきり、折り返し地点って感じのラストでしたから。
それこそ「後半に続く」ってMCはいってコマーシャルって感じですよ。
これで、2巻で終わらなくて3巻も出たら笑えるけどさあ〜。
そのときは、「中編」ってやればいい。
その昔、さらに終わらなくて「完結編その1」「完結編その2」とかやったのがあったなあ〜。
25年前くらい?
BLではないけれどさあ、菊池先生のエイリアンシリーズで…。
あれは衝撃的だったよ…。

2014.10.07 Tuesday 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「初恋と色情のトランス」著者:鳥谷しず イラスト:みずかねりょう | main | SHOW MUST GO ON >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:24 | - | - |