<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「坊主かわいや袈裟までいとし」2巻 著者:本間アキラ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
お寺の息子・大円は同じ境遇の弥六と出会い「お寺を継いだら一緒に頭を丸めよう」と約束。
10年の月日が流れ、副住職についた大円が剃髪の為に美容院を訪れるとそこには美容師になった弥六が…!

1年と2ヶ月ぶりの新刊。
正直、本間さんは別の作品が先にでると思っていたのだが〜。


web拍手 by FC2


本間さんのブログを読むと、某兎虎を出している出版社とトラブルがあったようで…。
なんか揉めているようです…。
そのため、そちらのほうの出版は延びに延びているようで…。
本間さん側の情報(といってもかなり断片的…)しか得ていないので、どういうことかよくわかっていませんが、ここまで拗れるって相当なものかなあ〜。
だって、多くの出版社に作品を発表されている作家さんならともかく、本間さんってその拗れて出版社と主に仕事していたというか〜。それこそ、他の出版社って今回のところくらい?って感じなのに、深刻なことになっているから…。
無事にでるといいけど…。

とまあ、某出版社とのあれこれは一時忘れることにするとして、今回の作品。
なんか思ったより、いろいろと複雑な人間関係が…。
っていうか、お父さんにああいう過去が…。
以前はそこそこ人気のあるバンドをしてたかもしれないが、そういう人間関係があったとは…。
単なる女好きにしか見えなかったが…。
いや、実際そうだったのだと思う。
かつてのバンド仲間とそういう関係があったとしても、それはその場のノリ?
流されたというか〜。
ジェンダーの垣根がなかったというか〜。
ただ、それはあくまでもお父さん側の事情であって、相手さんの事情は別問題。
相手さん側の視点で考えるとかなり切ない展開?
しかし、さすがにそれは過去の話…。
個人的にはさばさばしているお母さんのキャラクターが好きなので、今更お父さんが焼け木杭になんとかとなったら嫌だわ〜。

メインカップルに関しては…。
う〜む、大円くんはお子ちゃまだからね…ってところ?
憧れの人の生々しい部分を知って戸惑っているというか〜。
あと1冊くらいで、大円くんが大人の階段登れるのかは心配になるところだ…。
というか、それよりもちゃんと連載が続くほうが心配…。
ネット配信になったようだが、ちゃんと完結できるのか…。

2014.10.27 Monday 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 仮にそういうことがあっても、こんなフレンドリーな文章でくるわけないだろう…。 | main | 「猫科男子のしつけ方」全5巻 著者:右京あやね >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:00 | - | - |