<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

ライブ覚え書き(T★KIO 20th Aniversary Live Tour HEART 2014年10月26日福岡・福岡サンパレス)

[ その他 ]
今日は、私の心の天使である長○智也くんの36回目の誕生日です♪
いろいろとツッコミがあるかと思うが、反論はなしで!
デビュー当時の美少年ぶりの面影があるのだかないのだかだけど、やっぱり私にとっては世界で一番可愛い生き物なんでねえ〜(爆)


web拍手 by FC2

セットリスト
01.Yesterday’s
02.futur
03.花唄
04.LOVE,HOLYDAY
05.LOVE YOU ONLY
06.雨傘
07.路傍の花
08.君を想うをとき
09.スベキコト
10.僕の恋愛事情と台所事情
11.cadence
12.Symphonic
13.宙船
14.リリック
15.ambitious japan!
16.Julia
17.自分のために
18.SONIC DRIVE!
19.ハート

(アンコール)

20.Jumbo
21.城島SONG



1曲増えて、1曲変わって、順番が少々変わりました…。それと「雨傘」が少し長くなったような〜。

さて、10月26日は松●さんが、J事務所に入った日だそうだ。
事務所入って丸25年。
四半世紀だよ。
そのため、事務所に入ったきっかけなどの話に。
お姉さんが応募したという太一さんと長瀬さんに対して、自分で事務所に電話してどうやったら事務所に入れるのですか?と尋ねた当時小学生の松岡少年。(面倒になったので、伏せ字はやめます…)
オーディションってなに?履歴書ってなに?状態だったらしい。
「だいたい、小学生だったから当時のオレには履歴がないんだよ!」と力説。
「履歴がねえって、吉幾三さんの曲みたいだねえ」と吉幾三さんの「俺ら東京さ行くだ」の歌を唄うメンバー。
まあ、金沢のとき同様、松岡さんがしゃべりまくる。
MCのときの立ち位置は、太一、山口、長瀬、松岡、リーダーとなるのだが、リーダーが長瀬さんと松岡さんの間に移動
「何、移動しているんだよ!」
「いや、松岡がどんな顔して話しているのかと〜」
「戻れよ!」といわれ、定位置に戻ったリーダーだが、またしばらくして移動。
「なんだよ!お前はオレの女か!」と叫ぶ松岡さん…。すげえ発言だと思うのだが…(苦笑)
事務所の社長の誕生日の話に。
誕生日に電話をかけたというみんなの話を聞いて、
「えっ、みんなジャニーさんの誕生日に電話かけるの?」と驚く。
しかも、リーダーは手紙を書いたという。
マネージャーに便せんを買ってくるようにいったら、マッチ柄の一筆箋を買ってきたらしい。
「マッチじゃないのに…」とのこと。
しかし、メールでなく手紙ってところが凄いよねえ〜。
あと、松岡さんは前日から福岡に来ていたそうで、博多座の公演に出ていた後輩と呑んだそうだ。
ちなみに、その舞台の主演とは会っていないということらしい。
それを非難するメンバーに「あいつ、毎日階段落ちして忙しいんだかr!」と反論しておりました。
まあ、確かに毎日階段落ちていたとは思うけど…。
その流れで後輩の話に少しなったり。

で、今回のツアーでおなじみのTOKIOカルトクイズ。正解者への景品は刀グッズと九州のライブということで、九州・佐世保の有名企業ジャパネットたかだからレイコップ。
レイコップを見て俄然張り切る4人。
問題は、顔なしの上半身裸の写真が7枚。
1994年の長瀬くんの裸はどれでしょう?とのこと。
5人の裸とちょっと太めの男性写真となぜかビキニの女性の写真も。
「D(その女性の写真)を選ぶのもありですよ〜」という司会の太一に対して、
長瀬さんが
「Dって、『同窓会』の太一くんじゃないの」と!(爆笑)
「ここまではやってません」とのこと。
『同窓会』がなんのことかわからないひとは、知ったほうがいいのかどうか〜。
色々な意味で伝説的ドラマです…。
ちなみに、この前まで松岡さんが出ていたドラマは「同窓生」。紛らわしい…。
クイズは本人である長瀬さんとリーダーが正解でした。
ところで、このクイズのあと少々下ネタが…。
言い出しっぺは松岡さんですが、リーダーも便乗。
その日のリーダーは下ネタが多かったので、「どうしたの?」と聞かれる。
「いやあ、次の武道館はお偉いさんがいて出来ないから〜」とのこと。
その返事を聞いて、自分も話せば良かったと悔やむ山口さん…。
いやあ、弾けまくってます…。

とまあ、そんな感じのライブでしたが、福岡公演は親子3人連れが目についた。
しかも、子どもは幼稚園未満。
斜め前の席にそんな親子3人連れが。
お子さんの席を用意していなかったので、お子さんは3歳未満(3歳以上からチケットが必要)だろう。
きっと、お母さんがファンでライブ中はお父さんが席に座ってお子さんをだっこしているのだろうなあ〜とライブ前に思っていたのですが、コンサートグッズを抱え、ライブTシャツに着替えているお父さん。
持っているペンライトは10年以上前の型のもの(私はそのペンライトを振りまくって壊した…)
ライブ中、お子さんはお母さんがずっとだっこ。
お父さん、ペンライト振りまくり。ジャンプしまくり。タオル振りまくり…。
お父さんがファンなの?
しかし、おとなしいお子さんだった。
暗くなろうが、音がうるさかろうが、ライトがまぶしかろうが泣きもせず、一緒にペンライト降ったりする可愛いお子さんだった。
ライブDVDでも見せまくって訓練したのだろうか?
次回もぜひ親子3人でライブに行ってもらいたいものだ。
本当に老若男女に人気のグループだったのだなあ〜と思った福岡公演でした。




2014.11.07 Friday 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「謎に恋するおとしごろ」著者:秋葉東子 | main | 「ラブアンドベースボール」著者:山本小鉄子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:39 | - | - |