<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「RULES 2nd」1巻 著者:宮本佳野

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
ヒカルと恋人同士になって5年──高校の国語教師になったユキ。
仕事は順調で、ヒカルは相変わらずユキを溺愛しているけれど、ひとつ気がかりなのが、生徒の志賀(しが)だ。
休学していた志賀は、実は一年間失踪していて、その間の記憶が全くないらしい!? 
しかも、「彼氏がいてもいい。先生が好きなんだ」と縋るように告白され──!?

恋人同士の絆を揺るがすのは、教え子との三角関係という試練──「RULES」社会人編!!

『RULES』の社会人編。
前作の感想書いてなかったのね〜。まあ、いいか…。
しかし、商業誌で続編がでるとは思ってなかった。
同人誌のほうでは短編後日談出ていたけど…。


web拍手 by FC2


買ったものの読むまでに少々時間がかかった。
ときどきそういう作品がある。
小説はともかくマンガだと、そういうのは自分の望んでいない展開が待っていることがわかっている場合である。
今回もそう。
しかも1巻となっている。
続いているのだよ…。自分の望んでいない展開のまま…。
もう、これは完結してから購入したほうがいいのではないかと思わないでもなかったが、諸般の事情により購入。
他に読む本もなかったので読んでみた。
わかっていたけど…。わかっていたけど…。
受けのユキの親友の天鳥の気持ちに共感であります。

全部の作品を読んでいるわけではないけれど、宮本さん作品の登場人物は恋人以外のひととも関係を持つことが多い。
それはパートナーがいるにもかかわらずのときもあれば、別れたからというときもある。
これって、偏見かもしれないけどゲイだから?
実際、リアルゲイの知り合いはいないし、別にゲイに限らず、性に奔放なヘテロはいる。
実際のところ、初めて付き合った相手と結婚までいく男女の比率はどれくらいなのかって思うし〜。
これはゲイとかヘテロとか、男とか女とかは関係なく、個人の性格と云うか性癖というか〜、セクシュアリティなものでなくパーソナリティー的な〜って感じはするけど、それでもゲイのほうがそういうのは自由な感じがしないでもないような〜。
比べようにも分母の数が違うから比べられないのだけどね。

しかしだなあ、私はなんやかんやと少女趣味なので、王子様とお姫様(BLならこちらも王子様か?)が結ばれたあとは、「幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし」で終わって欲しいのだよ。
それはBLも同じ。
一度、結ばれて終わったのなら、その後に浮気したとかそういう話は読みたくないのだよ…。
でも、宮本さんはわりとそれがあるんだよねえ〜。
商業誌ではなくても同人誌の後日談でそういう話を描いていたり…。
実際、このカップル。同人誌では攻めのほうが酔った勢いで女と関係をもち〜みたいな話がありました…。
でもさあ、でもさあ、同人誌ならパラレルと思えるけど、商業誌でやられたら、公式見解ってことだし、そして、ヒカルさんでなく、ユキが…ってところが…。
日頃真面目なやつがそういうことすると拗れるというか〜。
まさにそう。
そして、相手の設定も…。
重い…、重すぎる…。
っていうか、どういう結末が待っているのか…。
2巻がでるのって2年くらい先のような〜。
っていうか、このあとの話出てないし〜。
Webマガジン掲載だからかもしれないが、商業誌でこういう話描かれるとなあ〜。
なんか、本当に読んでいてしんどかったよ…。
とりあえず、どういう結末が待っているのか。
普通はヨリ戻すものだけど、宮本さんだしなあ〜って気がしてならない…。
そして、2巻が出たら出たで、読むのがしんどいのだろうなあ〜。
でも、しんどいけど気になる…。
結構やっかいな作品だ…。

2014.11.13 Thursday 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「シチリアの花嫁」著者:妃川螢 イラスト:蓮川愛 | main | 「月影骨董鑑定帖」著者:谷崎泉 イラスト:宝井理人 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:49 | - | - |