<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「マザーファッカーズ●底辺BL作家の日常●」著者:藤生

7年にわたる連載が1冊になりました♪
全プレがあるから、来月か再来月に『drap』買わないと〜。

マザーファッカーズ●底辺BL作家の日常●
マザーファッカーズ●底辺BL作家の日常●
藤生

【あらすじ】

全国の藤生先生ファンの皆様、大変お待たせしました! 遂に、遂に!「マザーファッカーズ」がコミックス化!! 加筆修正&描き下ろし作品をたっぷり収録した一冊?

大変長らくお待たせしました。
サイン会あり! 本誌連動小冊子全員サービスあり! 詳しくはdrap4月号にて!

しかし、これってBLって分類していいのだろうか…?
日常エッセイマンガでフィクションではないというのもあるけど、ホモについて語っているわけでもないしな〜。
正直云って、藤生さんってBL作家さんだけど、さしてBLに興味がないのでは?という印象が…。
BLに興味はなくても、やおい好きな場合もありますけどね。
かつての自分もそうでしたが〜。
たださあ、BL好きにしろやおい好きにしろ、腐女子がついつい思いえがいている妄想が感じられないよなあ〜とか思うわけですよ。
男二人いたら、どちらが受かと脊髄反射で考えてしまうようなホモ脳が藤生さんにはないような〜。
いや、そんな脳なくていいのですけどね…。
むしろ、ないほうが人生穏やかに過ごせるけどね。でも、つまらなくもあるよね。
妄想って楽しいもの(笑)
一歩間違うと、アブナイヒトになりそうだけど〜。
でも、よしながふみさんと三浦しをんさんも対談でそう云ってました。
で、話がそれましたが、その妄想を感じないから、そういう印象なのです。
だから、この作品って【BL以外のマンガ】に分類すべきなのでしょうが、BL作家さんがBL誌に連載している作品なので【BLマンガ】に分類しました。

なんか、文句じみたことを書きましたが、ワタクシ、この作品大好きですよ♪
先月に引き続き貧乏月間なのですが、迷わず買いましたし〜。
どこまで、本当のことなのか?と思ったりするのですが〜。
そして、高久尚子センセイは本当にああいうヒトなのか…?
大変気になります(笑)
ところで、藤生さんの心がレズというのが妙に分かるような〜。
私も可愛い女の子とか好きだものなあ〜。
男のアイドルより女のアイドルに対しての方がチェックが厳しいというか(笑)
先日、東京から帰ってきた日の兄との会話で、
兄「お前は結婚せんのか?嫁が気にしているぞ…」
私「(嫁にとやかく云われたくないや!!と思いつつ…)う〜ん、別にそういうわけでないけど、基本的に私って男の人ってどうでもいいのよね…」
兄「だからって、女が好きというわけではないだろう?」
私「(女性に対してムラムラくるかというと)そういうことはない…。私、ホモは好きなんよね…」
兄「(絶句)…、お前は例の本屋で偽装結婚の相手でも探してこい!!」

そうだね、オニイサマ。
ワタクシ、その昔、江國香織さんの『きらきらひかる』を読んで、いいなあ、私もゲイの人と偽装結婚したいと本気で思ったですから〜。
ちなみに私は以前、会社の子に「はーこさんが、男だったら、結婚したいんですけどね」と云われたことがあります。
そして、そのことを友達に話したら、「わかる、わかる♪」と云われました。
もし、私が男に生まれていたら、とっくに結婚できたでしょう…。
2007.04.06 Friday 21:23 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< 去年を思い出します | main | 「プリーズ・ミスター・ポリスマン!EX2溺れる、太陽。」著者:竹内照菜 イラスト:藍由あき >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:23 | - | - | 
カズ (2007/04/16 7:37 AM)
はーこさん おはようございます♪

こちらで記事を拝見してから買いました!
藤生さんって聞いたことないBL作家さん。

>腐女子がついつい思いえがいている妄想が感じられない…略…ホモ脳が藤生さんにはないような….

と、はーこさんがおっしゃるのが気になって仕方が無かった(笑)んで、店頭で即決。
勿論、表・裏・帯と確認して面白そうってのも理由。

ひとこと感想は、眼が疲れた(泣)!!
まだまだ眼にくる年齢じゃない筈なんですけど。ほんの少しずつしか読み進められず、昨夜やっと読了。
何となく、カトリーヌあやこさんを思い出しました。特に理由はないのですが。

キレイ系の絵を描かれるBL作家さんなのですね。(普通の?)BL漫画を読んでみたいと思いました。
エッセイの内容が、BLの匂いがしない!ホントにBL作家さんなの?drap誌に掲載されてたの?心配になりました。

話はかわって偽装結婚の件(笑)。
BL小説や漫画を読むようになってから、働かない生活を保証してくれるならアタシ偽装結婚してもいいよ〜と思ったことありますよ(笑)?
ただ残念なことに、BL入門したのが結婚後なんですよね〜。残念!
はーこ (2007/04/16 11:18 PM)
カズさん、こんばんは♪

絵は綺麗なんですけど、ごちゃごちゃしているためか、イッキには読めないかもしれませんね〜。
でも、腐女子臭がしないでしょ?
あくまでも、BL漫画家がBL雑誌に連載した日常エッセイなんですよね〜。
『トレトレ』にマンガを描かれたりしているみたいなのですが、読んだ覚えがないので、実際のマンガはどうなんでしょうか?
チェックはしようと思っているのですけどね。

で、偽装結婚の件ですが、これとは別に私が結婚したい男性の職業というのが、「遠洋漁業」なんですよ(笑)
遠洋漁業→1年の半分以上は海→亭主元気で留守がいいという発想です。
これを会社のヒトにはなしたら、「君は結婚というものをなんと思っているのだ」と怒られました。
いや、だって、自分が結婚に向いているとは思えないから〜。
最近、マグロマグロと騒いでいるのとは、関係ないのですけどね。(別にマグロ漁船で仕事=ホモではないですけど…)