<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「束の間の相棒」著者:海野幸 イラスト:奈良千春

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
別れた端から、会いたくなった。
潜入捜査で再会した元同級生の百瀬はヤクザだった。
夢を語った高校時代の情熱で更生を訴える和希を百瀬は口づけて封じてくるが…。

大がかりな麻薬取引を追うことになる直前、所轄の和希は別件で組の稼ぎ頭の“サエキ”と出会う。
人相を隠してなお滲み出る端整な雰囲気に、蘇る高校時代の思い出――モモ。
“サエキ”は警察官になる夢を語り合った百瀬だった。
他の友人には抱いたこともなかった感情に今更ながら気づき「俺個人はお前を裏切らない」と熱っぽく更生を求める和希。
「組から抜けたら、お前、俺の愛人になるか?」――そう言って百瀬は乱暴に口づけてきて……。

久しぶりの海野さんの作品。
作家買いするほどではないけど、あえて避けるわけでもなく…。
決め手はイラスト?
今回、それなりにネタバレしていますのでご注意。
まあ、いつもネタバレしているが…。


web拍手 by FC2


イラストが重要ポイントではあるが、昔ほど奈良さんのイラストというだけでなく無条件に購入することはない…。
いろいろな要素が重なってねえ〜っていうのが本当のところ。

さて、今回は再会愛。
十年ぶりにあった友人はヤクザになっていた…。
実際にそういうことがあるのかは知らないが、BL界では、それなりにある設定のような…。

まあ、こういうのは相手の変わった部分と変わってない部分のギャップにキュンとくるかどうかっていうのが重要なんだけど、この作品に関しては、読んでいる途中で、実は裏があるのだろうなあ〜っていうことを予想。
実際、予想は当たっておりました。
ただ、その予想っていうか真の姿に関しての経緯は少々違っていたかなあ〜。

どうせなら、父親の冤罪まで暴けよ!!って感じだが、それには触れず。
とくに考えてなかったのかもしれないが〜。
普通、無実の罪とはいえ、犯罪者扱いされた男の息子は警察には入れてもらえないと思うのだけど…。
叔父が暗躍したおかげ?
その叔父が出てこないままでは、説得力がないし、叩き上げの刑事がいくらお偉いさんの娘と結婚したからって、そう簡単に権力もてるのか?
それこそ、権力を持とうと待っているキャリア様が大勢控えているだろう…。

物語では警察は結構無茶が聞くみたいなようなことをいっているが、実際どうなの?
あくまでも物語上であって、実際の警察はそういうことはないことを祈るばかりであります…。

物語上のなんちゃって警察のお話ってことで…。
面白かったけど、無茶苦茶だわ…。
この無茶苦茶をやるなら、攻めの父親の事件の真相まであかさないとさあ〜。
って思うのは私だけなのだろうか…?


2014.12.24 Wednesday 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「シャーマンキングFLOWERS 」6巻 著者:武井宏之 | main | よかったということで >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:13 | - | - |