<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ここで死神から残念なお知らせです。」著者:榎田ユウリ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「私、死んでいるの?」「はい。ご愁傷様です」
梶真琴(かじまこと)が、喫茶店で耳にした不可解な会話。
それは、保険外交員風の男が老婦人に契約書のサインを求めている光景だった。
男は、死んだことに気づかぬ人間を説得する「死神」だと宣(のたま)う。
漫画家志望で引きこもりの梶は、なかば強引に死神業を手伝わされることに。
最期を迎えた人々を問答無用であの世へ送る、空前絶後、死神お仕事小説! 
――あなたは、死んでいないと言い切れますか?

榎田さんの新刊。
ただし、尤利名義でなくユウリ名義なので、非BLです。
まあ、魚住くんでさえ、ユウリ名義で出るくらいだから、境界があいまいになっているような…。
でも、これは完全に非BLですね。


web拍手 by FC2


シリーズでなく単品作品かな?
少なくとも、今回の主人公の梶の話はなし。
死神というキャラクターは活かされてシリーズするのはありかもしれないが…。

榎田さんは昔から非BLのラノベの話を発表されていましたが、実はそちらのほうはほとんど読んでおりません。
今回はタイトルに惹かれて購入。

サクサクと読めましたが、主人公の梶の卑屈さがなんともいえなかったかな。
まあ、こういう人は多いし、大なり小なり誰もが抱える鬱屈さというか。
ただ、その鬱屈さを理由にせずに、頑張ろうとするひともいるってことなんだよね。(大半のひとがそうですが…)
梶くんではないですが、人間なにがあるかわからないわけだから、後悔のないようにしないといけないのよねえ〜。
結構、教訓的な内容の話でした。

ラストが二段構えになっているのが榎田さんらしいなあ〜と思ったが、なかなか衝撃的なラストでしたね。(梶が実は〜っていうのは初めから予想してはいましたけどね)

だけど、新潮社もラノベをだす時代なんだなあ〜と驚いたり。
最近は、一般書も可愛いイラストのものが多いのねえ〜と本屋の平積みを見ながら思っていましたが、新潮社からだとは思わなかった。
新潮文庫といえば、夏にYondaストラップを手に入れるために、どれを買おうか悩んでいたレーベル。
対象の100冊の大半は所謂文豪の作品が多いために、すでに持っている作品ばかりだから、何を買うか毎年困っていたのよね…。
このレーベルの「新潮文庫nex」の作品が100冊の対象になるかは知らないが、やっぱり驚き。
ところで、HP見たら2月の新刊に『ロシア幽霊軍艦事件―名探偵 御手洗潔―』というものが…。
これって、講談社ノベルズのが実家のどこかにあると思うのだが、イマドキの可愛いカバーイラストで出るのかねえ〜。
まあ、同人誌みたいな本も出ていたシリーズですから、ありといえばありかな?

2014.12.30 Tuesday 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 東京は寒いようですね…。 | main | 「あやかり草紙」全2巻 著者:夏目イサク >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:30 | - | - |