<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ヘブンノウズ 物語」著者:英田サキ イラスト:奈良千春

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
イラストレーターの千野旭は、弟のミツルと一緒に恋人でベストセラー作家の渋澤征武の屋敷で暮らしている。
最初は渋澤に反発ばかり感じていた旭だが、いまでは身体も心も渋澤に囚われていた。
子供らしい明るさを取り戻しつつあるミツルに、嫉妬と独占欲を隠さず愛してくれる渋澤。
穏やかで満たされた日々だったけれども、ある出来事が旭を不安に陥れて……!?
『ヘブンノウズ』シリーズ、ついに完結!!

1年半ぶりのシリーズ新作〜って思っていたけど、どうやら、3作目の感想をあげてなかったようです。
そのため、今回もどうしようかなあ〜とは思ったけど、完結記念ってことで。
まあ、ネタがないのもあるけれど…。



web拍手 by FC2


世間様の評価はどうかしらないが、個人的にはテンション低めのまま終わったシリーズでした。
だって、「SHYノベルス」「英田サキ」「奈良千春」っていう組み合わせだよ。
どうしても『エス』シリーズ一連を期待するというか〜。
なまじ、『エス』が私がBLにハマった直後に読んだ作品だからねえ〜。
もう、本当にあのころの私は月に50冊くらいBL小説、BLマンガを読んでいたような〜。
しかも、新刊だけでなく、名作BLを読みまくっていたのですよねえ〜。

そのため、『エス』と『DEADLOCK』シリーズを立て続けに読んだのですよね。
英田サキ傑作をコンボ。
そのため、このシリーズには対してはテンション低めというか〜。

この作品自体はいいと思うけれど、どうも私の中の英田作品が、「ギリギリでいつも生きていたから〜」みたいな設定が好きだったから、どうも今回の作品にのめり込めなかったというか〜。

まあ、そんな作品も完結。
ラブ関係は前巻で決着ついていたので、そちらへんはバカップル設定。
なんか、旭くんがいろいろともんもんとしていたようではありますが、そこらへんは予定調和?

今回は母親の死の真相…。
完結編読んで思ったことは、これって必要なことだったのかなあ?ってことだったり。
いや、ことらも考えられることではあったのですが…。
絶対、物語に必要だったことなのかなあ?

でも、英田さんの作品って、身近なひとをなくした登場人物って多いよね。
姉だったり、恋人だったり、友人だったり…。
で、今回は母親なんですけど…。

英田さんなりのこだわりなのかしら?
2015.01.06 Tuesday 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 読書メーター2014年12月 | main | 「流されないでよ先輩」著者:山田2丁目 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:13 | - | - |