<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「忠犬カウンターアタック」著者:栗城偲 イラスト:アオイ冬子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「おれ宿無し文無しになっちゃったから、拾って❤」バーテンダーとして働く白倉芳の前にある日突然現れた年下の幼馴染み、北嵐全。だが彼は白倉が高校卒業の時に無理矢理乗っかり想いを遂げた初恋の人だった。
自分を恨んでいるはずなのに一つ屋根の下でかいがいしく尽くしてくれる全に戸惑う白倉。だが彼と離れがたく思っている自分の気持ちに気づいて――。
大型わんこ系年下男子×男前美人バーテンダー、初恋の傷は癒えるのか?

栗城さんの作品って、振り幅大きいのよね〜。
正直な話、もうそろそろ見極めが必要かな…とか思ったり。



web拍手 by FC2


正直な話、好みで云わせてもらえば、イマイチのほうの栗城作品でした…。
だって、攻めのワンコが…。
ちなみに一番共感を得たのは攻めの友人であります。

ワンコ攻めは大好きです。
しかし、それはあくまでもおバカな攻めであるのが条件。
策士だと、一気に萎えます。

攻めが色々と策を巡る展開は好きなんですよ。
だけど、今回の攻めは個人的に駄目だったなあ〜。

受けに謝れ!!
そして、今までの彼女に謝れ!!

云いたいことはわからないでもないが、色々な人に対しての不実さ…。
これって、アウトなんだよねえ。

しかも、1回限りのことでないからさあ…。
1回くらいの過ちなら、煮詰まったのね…って思わないでもないが、今回はねえ。

まあ、フィクションの登場人物に怒っても仕方ないのですが…。

栗城さん…。
もうちょっと、丁寧な作品出してもいいのではないかなあ…。
振り幅大きいのよねえ…。
昔はそうでもなかったような気がするけれど…。
単に、私が昔は作家買いしなかっただけの話なんだけどね…。

まあ、あくまでも個人の所感。
コノ作品が好きだった人は、ゴメンナサイ。
こういう意見もあるのだと心広く思ってください…。

2015.01.19 Monday 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 平井和正先生…。 | main | 「私がモテてどうすんだ」5巻 著者:ぢゅん子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:29 | - | - |