<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「恋はシェリーグラスの中で」著者:玄上八絹 イラスト:六芦かえで

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
双子の弟と二人きりで生きてきたバーテン見習いの隼人は、弟をナンパしてきた建築士の男・京介と触れ合ううち、心を開きかけるが?

兄弟にコンプレックスを持つ…。
これって、BLに限らずあること。
勿論、過去のBLでも多く読んできましたよ。



web拍手 by FC2


明るく社交的で、みんなに愛される兄弟が自慢ではあるけれど、妬ましくも思う…。
こういう作品はそれなりにあるというか〜。
結構パターン?

しかし、今回の作品はそこまで弟にコンプレックス持たないといけないか〜?と思うほど、主人公のコンプレックスの相手である「双子の弟」がうざかったというか…。
私の印象としては、主人公である兄が高嶺の花だから、親近感わきやすい弟に流れたひとが多いのでは?って感じ?
弟は小悪魔というより迷惑なひとだったし…。
本命に相手されないから、ヤケになって遊びまくる。
初め、大学生なのかと思った。(それこそ、主人公は生活のために大学へ進学せず、就職を選んだのかと…)
ところが、どうやら社会人3年目くらい?
もう、自分で働いているなら放っておけば?って思ったり…。
そういことが出来ない主人公だから、物語が成立するっていうのはわかるのだけどね…。

共依存ってやつ?
だらしない弟の面倒をみることで自分のアイデンティティを保っているっていうか。
どこか歪んでいるというか〜。
結局のところ、破綻したんだけど。

でも、やっぱり弟に共感えなかったなあ。
こんな優しい兄に対してなんていうことを!!って読んでて怒りを…。

両親の離婚から、2人だけの世界を築くことになったのだけど、両親の離婚の原因はどうやら弟が母親の不実を告げ口したことらしい。
これを主人公の行動にすれば、まだ主人公の行動が納得できたかも。
自分の言動により、弟から両親を奪ってしまった…と負い目に感じていたら、自分の生活なげうっても弟を心配する行動はありかなあ〜と思うのよね。
でも、逆でしょ?
もっと、怒っていいんじゃない?
怒れないところがいいのかもしれないが。

まあ、最終的に幸せになれればいいってことで。
2015.01.26 Monday 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「手の届く距離で」著者:椎崎夕 イラスト:サマミヤアカザ | main | 「花は咲くか」最終回(ルチル vol.64 2015年 03 月号)著者:日高ショーコ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:18 | - | - |