<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「検事が堕ちた恋の罠を立件する」著者:中原一也 イラスト:水名瀬雅良

JUGEMテーマ:読書


好きな男に抱かれるなら、身代わりでも構わない──。
検察事務官の桐谷(きりたに)が叶わぬ想いを寄せるのは、地検でも一目置かれる検察官の杉原(すぎはら)。
ところがその杉原が失恋してしまった!! 
常に傍にいる一番の理解者なのに、俺のことは見てくれない──桐谷は一縷の望みを胸に「俺が躯で慰めますよ?」と提案する。
感じたフリの初体験に、奔放な睦言…有能な検察官を前に、桐谷は嘘を貫き通せるのか!?

ちょっと、タイトルの語感が悪いような〜。
いやあ、タイトルは内容そのものなんですけどね…。
なんか、長過ぎ?


web拍手 by FC2


約1年ぶりの中原作品。
その間にも作品は出ていたのだけど、なんとなく読まないまま。
今回もイラストの相乗効果かなあ〜。

中原さんの書かれるチョイ悪オヤジは好物です。
しかし、どんなに大好きでも食べ過ぎたら飽きるってものでありまして…。
ココでもそう述べてた。

今はそうでもなくなったかもしれないが、一昔前のBLに置いて「攻め」っていう属性のものは王子様だったような…。
それこそ、皆の憧れの生徒会長みたいな?
そんななかで、セクハラ下ネタセリフを連発する中原作品の攻めは新鮮でした。
もちろん、やるときはやるという、ギャップ振りが乙女(年取っているが…)の心をキュンキュンさせるという、往年の少女マンガの鉄板は外さないのが必須なんですけどね。
だから、班目さんは新鮮でしたよ。
でも、人間って、なれちゃうのよね〜。

よく考えたら、私ってもともと下ネタって苦手だし〜。
酒の席で会社のオヤジがホザくセクハラ話もとりあえず引きつった笑顔で対応しているが、本当は訴えたいくらい嫌いなんだよ。
ああいうのは受け止めた側の気持ち次第なんですけどね。
好意を持っている相手なら許せることも、もともと嫌いな奴が言い放ったのなら訴えたいわけで〜。

というわけで、私のなかで、中原作品のチョイ悪オヤジに対する新鮮さが減ってきたため読まなくなってきていました。
まあ、ハッキリ云って新鮮さがなくなっていたのね〜

と、いろいろ述べましたが、今回の作品。
う〜む、結構よくあるパターン?
職業は珍しいかもしれないが、他の男を好きな男と関係をもつために、なれないことをするっていうのは、今までも読んできたパターンだし、他の男が好きだった攻めがいつのまにやら〜となっているが、受けはいろいろとグルグルしていたりするのも、割とあるかなあ〜ってことで。
嫌いではないけれど、中原さんである必要はないという感じ。
良くも悪くも中庸?

そうなると、やっぱりチョイ悪セクハラエロオヤジっていうのは必要なのか?
専売特許とまではいわないけれど、やっぱりこれが中原さんの攻めっぽい…。
こうなると、受けのバリエーションを増やす方向で行くしかないのか?

よく云ってますが、勝手な読者でスミマセン…。


2015.02.03 Tuesday 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 読書メーター2015年1月 | main | 「ファーストエッグ」4巻 著者:谷崎泉 イラスト:麻生海 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:46 | - | - |