<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「気が合うということは」著者:麻生海

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「親友」の飯塚に学生時代から6年も口説かれている白石。
通勤電車、すきな音楽、昼食の惣菜パン…なにかとカブってしまうそんな二人の微妙な関係は、この先も変わらないはずだった。
でも、白石がバツイチになった今、抱かれてしまうのは時間の問題で…!?
『1+1+1』過去を背負う男と蘇った恋人の逢瀬には、ある「男」の存在が条件だという──チクリと刺す痛みと甘さ。
長編同時収録。表題作❤後日談描き下ろし入り。

久しぶりの麻生さんの新刊なのね〜。
なんか、同人誌のほうを読んでいたから、そんなことに気が付かなかった…。


web拍手 by FC2


最近、妙に眠かったので、パソコン立ち上げずに早々寝ていました…。

さて、久しぶりの新刊。
読んでいなかったけど、『CitaCita』が休刊(廃刊?)になったためかなあ〜。
そこで連載していた作品が未完のままなんだよね?

そういう連載中のものを読んでいなかったから、ずっと商業誌でお仕事されてなかったことに気が付いてなかった。
マンガはなくてもイラストのお仕事はあったし(前回感想あげた作品とか)、それこそ同人誌のほうは出ていたと思うし。
二次のほうはそんなに追っていなかったけど、オリジナルの作品も出ていたしさあ。

しかし、そのオリジナル同人誌も高校から想っていた相手とうんぬんだった。
攻めと受けの性格が逆っぽいけどさあ。
麻生さんって、長年想っていた相手と〜とか、友達だった相手と〜という設定が好きなのか?
友情と愛情の狭間みたいな。
あと、ちょっとバカっぽい受けとか。
好みなんだろうね〜。

しかし、今回の作品って5年も前に雑誌掲載された作品なのね。
しかも、他誌に載っていたのが表題作だし。
でも、そこまでしてコミックを出したってことは、そのうち、『花音』で新作が発表されるってことかしら?
楽しみにしていいのかしら?


2015.02.08 Sunday 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ファーストエッグ」4巻 著者:谷崎泉 イラスト:麻生海 | main | 「カデンツァ4 ~青の軌跡<番外編>」著者:久能千明 イラスト:沖麻実也 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:17 | - | - |