<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「カデンツァ4 ~青の軌跡<番外編>」著者:久能千明 イラスト:沖麻実也

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
バディとして、恋人として、信頼し合っていた筈のカイと三四郎だが、信念の違いから心がすれ違い…!?
『青の軌跡』シリーズ最新刊!

だ〜か〜ら〜
これは、番外編でないだろ!!
第2部だろ!!
って、去年も同じことを云ってました。
そして、まだまだ続くよ…。
予想通りですが…。


web拍手 by FC2


あらすじを読んでおもった…。

こいつら恋人同士だったのか!?

いや…、まあ…、そういわれればそうなのかな?
しかしだなあ…、なんかしっくりこないのは私だけ?
私が世の「恋人」に幻想を抱いているのかなあ〜。
普通、恋人ってもっと甘いものでは?

いや、恋愛って甘いだけではないよ。
所詮は他人である2人。
好き同士ってだけで、何もかも乗り越えれるものではないっていうの〜。
実際、そんなこと云ってたら、「若いわね〜(フッ…)」みたいな反応はすると思う。
いろいろそういうのを乗り越えたのならいいのだけど、コイツらの場合、そういうのは乗り越えていないでしょ!
恋人以前、いや以上?
なんか、別なものは乗り越えているけれど!!

だからね、個人的なことかもしれないが、やっぱりこの2人の関係って『相棒(バディ)』っていうのが一番しっくりくるのよね〜。
好きだ惚れたとかそういうのを飛び越えて、運命共同体っていうの?

とまあ、読者、しかも腐った乙女たちは『恋人』以上のステージの2人に萌え萌えしているのに、とうの本人たちがトンチンカン…。
なんか、いろいろグルグルグル〜。
本編で本能的に思っていた相手に対する気持ちを、なまじ平和(実際は平和ではないのかもしれないけれど、本編に比べれば平和)なところにいるから、余計なことを思ってしまうのか〜。

まあ、とにかく続く。
まだ終わらないのだろうな〜と思っていたが、案の定「つづく」
あとがきでは、その後の話が8割くらい出来ているようなことを書いてあったが、そこらへんは期待しないでおこう…。
1年以内に出たら、奇跡だと思う…。
だって、過去の事例から…。
久能さんだけでなく、沖さんの事情もあるのかもしれないけれど、今回も最初の予定より1ヶ月遅れたしさ〜。
正直なところ、続きが早くでるよりも、次で終わらせてくれっていうのが本音かなあ〜。

ところで、この作品て、リンクスノベルズのカバーデザインが旧のままなのね。
いや、よく考えたら前作で気が付くべきなのかもしれないけれど、(前作出たときには変わっていたよね?)今回、他の作品と一緒に買ったことで気が付いた。
既刊と統一感を持たせるための配慮なんだろうなあ〜。
心遣いに感動!
2015.02.09 Monday 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「気が合うということは」著者:麻生海 | main | 石岡…? >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:30 | - | - |