<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

石岡…?

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
湖から一夜で消えた軍艦。秘されたロマノフ朝の謎。
箱根、富士屋ホテルに飾られていた一枚の写真。
そこには1919年夏に突如芦ノ湖に現れた帝政ロシアの軍艦が写っていた。
四方を山に囲まれた軍艦はしかし、一夜にして姿を消す。
巨大軍艦はいかにして“密室”から脱したのか。その消失の裏にはロマノフ王朝最後の皇女・アナスタシアと日本を巡る壮大な謎が隠されていた――。
御手洗潔が解き明かす、時を超えた世紀のミステリー。

感想ではありません。
この作品、講談社ノベルズ版を読んでいたからね。
当時、まあスケールの大きな話だことと思ったような〜。


web拍手 by FC2

もう今更なのだろうけど、今日知ったので。

本屋の新潮社の文庫のコーナーをなんとなく見ていた。
ああ、あの新潮社のラノベ文庫は御手洗の旧作を出したんだなあ〜と平積みしているのを眺めておりました。
まあ、これ読んでいるから買う必要なないな〜と通り過ぎようと思ったが、帯の文字に目が止まる。

「ドラマ化」

ドラマ化するという話はちらっと聞いていたが(マンガ版のあとがきかなんか?覚えていないが)、とうとうするのかよ…ってぐらいしか思っておりませんで(だって、今更って気が…。ココ最近の作品のクオリティを思うとね〜)、帯みたときも「へー」くらいの気持ちだったのだが、その「ドラマ化」の文字の下に、玉木宏、堂○光一…。

この並びからいって、御手洗が玉木さんで、石岡くんが…。
ちょっと、想像できないのですが…。

あっ、でもその昔、相方が「アゾート事件」のトリックを見破ったか〜
って、それは『金田一少年の事件簿』の「異人館村殺人事件」。

今回のドラマ化は『占星術殺人事件』ではないのね〜
御手洗が「謎は全てとけた。じっちゃんの名にかけて!」と云ったら驚きだわ。
2015.02.10 Tuesday 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「カデンツァ4 ~青の軌跡<番外編>」著者:久能千明 イラスト:沖麻実也 | main | 「ハートの隠れ家」3巻 著者:夏目イサク >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:16 | - | - |