<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ショートケーキの苺にはさわらないで」著者:凪良ゆう イラスト:草間さかえ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
アンドロイドが普及し、人に代わって戦争すらしてくれる時代。
大学生の南里輝(なんり てる)は、自分だけを愛してくれるセックス用アンドロイド、通称「裏ドール」を伴侶にすることを夢見ていた。
その資金を貯めるため裏方バイトをしていた風俗店に、ある日とびきり美しい裏ドールが売られてくる。
悲しげな姿を見かねた南里は、つい貯金をはたいて「彼」を買い取ってしまった。シンと名づけられた彼は、ドールゆえの一途でけなげな愛を南里に注ぐが――。

あらすじ読んだとき、「えっ、ダッ○ワイフ?」って思ったのは私だけでないはず。
ある意味、インパクトがありすぎなあらすじ?
それに惹かれるか、退くか…。
好みの問題?


web拍手 by FC2


金曜日から日曜日まで香港に行ってました。
久しぶりの香港!!
香港行くたびにおものだが、香港でも日本のBLって人気らしいのだが、翻訳されたBL本ってどこに売っているのだろう…?
ジャンプのマンガは見かけるけど、BL本は見かけたことがない。
どこか、知る人が知る所で売っているのだろうか…。

まあ、香港のBL事情は置いといて、この本の感想。

いやあ〜、純愛でした。
あんまり真剣にはみてなかったのだが、この前までN○Kが近未来を予測したドラマというか、ドキュメンタリというか、そういう番組していましたよね。
で、私はその回は見てないのですが、近未来の予測で、人間とアンドロイドの恋愛を取り上げていたようで〜。
この作品って、それに通じるもの?
BLなんで、人間の男性と男性型アンドロイドなんですけどね。

主人公の輝は一途でした。
相手が人間だろうとアンドロイドだろうと構わないというか〜。
まあ、理想が高いから、彼の好みとなる相手がアンドロイドじゃないと存在しないのかなあ〜とは思わないでもないが(現在だと、嫁は二次元しかいない…みたいな?)
それでも、純愛でした。

展開は二転三転し、おお、こう来るか!みたいなラストです。
でも、この展開はどこかであったような気もしないでもないような〜。
BLっていうよりも海外SFの展開かな?
あんまり、海外もの読んでいないからわからないけど。

デジャブは感じたけど、良い話でしたよ。
凪良さんは読んだり読まなかったりなんだけど、これは好きな作品でした。
2015.02.17 Tuesday 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ハートの隠れ家」3巻 著者:夏目イサク | main | 「さんかく窓の外側は夜」2巻 著者:ヤマシタトモコ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:23 | - | - |