<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「恋人代行、八千円」著者:栗城偲 イラスト:有紀

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
今度、裸割烹着してくれない?

憧れの講師・柳の家は汚部屋だった! 
便利屋でバイトする大学生の幹太は、片付けのため柳宅を訪れ愕然とした。
知的で潔癖なイメージの柳に、仄かな想いを抱いていたのだ。
けれど片付けに通ううち、人見知りでちょっとズレた言動をする柳の素顔を知る。
先生って、なんか可愛いかも――そんな風に思い始めた頃、柳がゲイだと知ってしまい、狼狽えた所に恋人代行を申し込まれて!?

前回の作品で、栗城さんの作品も見極めが必要かしら〜といっておきながら、今回の作品も購入。
プラチナ文庫は良かった作品が多いイメージがあるからね。
しかし、よくよく考えたら、作品数が多いというのがあるっていうか〜。
分母が大きければ、分子も大きいというか〜。


web拍手 by FC2


過去にプラチナ文庫からでたお弁当屋さんと漫画家の話とだぶるのですが〜。

違う出版社ならともかく、同じ出版社でいいのかしら〜。
いや、職業違うし、今回は受けもゲイだけど〜。

でも、身内がちょっとからんでいたり、受けが料理上手とか〜。

なんか、だぶるよなあ〜。
その作品の感想はあげてなかったようなんですが…。
数年前の作品だからいいのか?
設定がだぶって思えるのは私だけなのか?

個人的にはそのだぶっていると思える前の作品のほうが好き。
受けがなんやかんやと男前だったから。

攻めがヘタレっていうのは栗城さんの作品ではデフォルトですしね〜。

いろいろとツッコミどころはある作品だったかな?
って、先生はいつから受けのことをそういう対象に思っていたの?
便利屋として来る前から?
それとも親しくなってから?

裸エプロンはあっても、裸割烹着ってないね。
某疑惑の女性科学者のせいで割烹着のイメージが変わったような。
その疑惑の科学者が裸割烹着になったら需要があるとか下世話な記事は読んだことあるけどね〜。
割烹着だと露出部分少なくね?
チラリズムの世界としても、チラもないような〜と、その記事を読んだとき思ったような〜。
出せばいいってものではないってことか?
奥が深い…。

2015.02.19 Thursday 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「さんかく窓の外側は夜」2巻 著者:ヤマシタトモコ | main | 「鈍色ムジカ」著者:所ケメコ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:32 | - | - |