<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「契約に咲く花は」著者:鳥谷しず イラスト:斑目ヒロ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
市役所勤めの雪平は、従弟の英に誘われて出席した御曹司集団のパーティで、美貌の華道家・三藤の高価な衣装を汚してしまう。
三藤は、同じく華道家である英の天敵だ。
慌てる雪平に、三藤は「俺を楽しませることができれば、弁償はなしでいい」と持ちかけてくる。
迷いながらも、英との関係を隠し、契約を結んだ雪平は、三藤の変人ぶりに振り回される。
だが、変人御曹司の意外な一面や、奇妙な優しさに触れるうち…?

これ雑誌で読んでいたのだけど、いろいろと未消化なままだったのでねえ〜。
文庫化による補完に期待していました。
で、予想以上の補完ぶりでした。(笑)


web拍手 by FC2


一話読み切りだったはずが、前後編に変更。
しかも、その後編が掲載された雑誌にはもう一作鳥谷さんの作品が掲載(もともと、その号はその号で作品を掲載する予定だったのだろうね)されたためか、もの凄く中途半端な結末の作品でした。
鳥谷さんの作品なだけ、エロは充実していたが、気持ちが追いついていかないというか〜。
おいおい、これで恋人同士とかいうのか?
流されていないか?(いや、これはちゃんと完結している鳥谷さんの作品の受けに対しても大抵思っているが…)
従弟はどうした?
アンタら、ロミジュリ関係なのでは?
そういう疑問を残したままの作品でした。
まあ、文庫になったときに後日談の書き下ろしがあって補完されるのだろうから、それを待つか〜とも思っておりました。
でさあ、この作品には鳥谷さんの作品にしては変態度が足りないなあ〜とも思っていました。
変態っていうかフェチっていうか〜。
鳥谷さんの作品の登場人物(主に攻め、たまに受けもあり)は妙にこだわりがあるというか〜。
主にセクシャル的なことで…。
ところが、雑誌掲載時にはそれもなかったのよねえ〜。
エロは濃厚なんだけど、マニアックさが足りないのでは…とも思っておりましたよ。
後編はそこらへんを期待していたから、拍子抜けしていたのだよねえ〜。

で、そこらへんもちゃんと補完されていました。
後日談書き下ろしでなく、雑誌掲載部分もかなり書き足していました。
攻めのこだわりぶりが(笑)

しかし、そのこだわりがマニアックすぎというか〜。
フェチというよりは変態…。
まあ、愛故なんだけどさあ〜。
いいのか?こんな花咲バカボンで…と受けにいいたくなるがいいのだろう…。
雑誌掲載時のツッコミどころはちゃんとフォローされていたし、班目さんのイラストも増えていました。
ああ、ちゃんと納得できる作品に最終的になっていて良かったよ。

しかし、このあと従弟の英の反応はどうだったのだろう?
脇役の後輩とか、結構気になるひとたちが他にもいるのよねえ〜。
スピンオフとかしてもいいのでは?

2015.03.12 Thursday 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「そこをなんとか」10巻 著者:麻生みこと | main | 「すみれびより」著者:月村奎 イラスト:草間さかえ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:39 | - | - |