<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「妄想の指先はバラ色」著者:山田2丁目

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
罰ゲームでキスしたときの真っ赤な耳も。
部活中のオレを見つめる視線も。
高校時代からずっと、外角は先輩の愛須にイラついていた。
こっちをチラチラ物欲しそうに見るくせに、決定打の一歩は踏み出さない。
その一歩を待ち望んでいた自分にもいい加減腹が立つ。
ある晩、外角のイラつきは限界を突破、ついに愛須を押し倒し……!?
自由奔放な高校教師と、振り回されながらも一途に追いかける男子高生の厄介な恋も収録♥


山田2丁目さんの新刊。
2組のカップルの話。
結構、こういうパターン多い?
まあ、別に山田2丁目さんに限った話ではないけれど。


web拍手 by FC2


「ちょっと残念な子」を描かせたら右に出るものはいないのではないか!?と思ってしまうくらい山田2丁目さんの頭が残念な受けが好物です(笑)

前作の受けみたいに頭が緩いわけではなかったけどね。
社会人としてはしっかりしているようだし…。
ただ、相手のことが好き過ぎてアホの子になっているというか〜。
あと、相談する相手を間違っているだろうというか〜。
結局、「残念な子」には変わりないという(笑)
まあ、その残念ぶりが可愛いし、その可愛らしさに攻めは結局つかまってしまったので、めでたしめでたし。

スピンオフは残念な子の親友の話。
こちらは緩いひとでした…。
頭でなく、モラルのほうね…。
しかし、その緩さに引っかかった攻め。
なんか〜、心配はつきないだろうなあ…。
イマイチ、攻めのこと好きになった理由がわからない。
身体のほうは緩いから、恋愛感情なくてもヤレるのだろうけど〜。

まあ一応、今は一途なんだろうけど、どこか危なっかしい…。
とりあえず、頑張れ、志方…。
そして、今回はこのスピンオフの攻めもいろいろ残念な子でした(笑)
2015.03.20 Friday 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「すみれびより」著者:月村奎 イラスト:草間さかえ | main | 「不器用なサイレント」5巻 著者:高永ひなこ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 19:28 | - | - |