<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「月影骨董鑑定帖」2巻 著者:谷崎泉 イラスト:宝井理人

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
晴、逮捕!? 骨董鑑定の現場に残された奇妙な遺体の謎は──?
恩人である雑貨屋の女性店員・真澄たっての願いで、しぶしぶ骨董鑑定をすることになった晴。
蒼一郎が話を聞きつける前に済ませてしまおうと、真澄の実家に向かった彼だが、そこで死体を見つけてしまい……!?


2巻です。
前作ではっきりと続くとはいってなかったが、まあ伏線ありまくりでしたからね〜。
よっぽど評判が悪くない限りは続きが出るとは思っていました。
帯によると1巻は重版かかったらしいしね。

でも、辛口評価…。


web拍手 by FC2


なんちゃって、骨董。
なんちゃって、ミステリ。

正直云って、今の段階では中途半端な作品。
BLではないから、ラブ関係はないにも等しい。
ちょっと、今回出てきた女性キャラが主人公に憧れているから「全くない」まではないのかもしれないが、如何せん、その主人公が朴念仁すぎて発展するとは思えない。
よっぽどのことない限り、ラブ要素は物語のエッセンス程度であろう…。

作者はミステリ小説を書いているとは思っていないのかもしれない。
単に殺人事件に巻き込まれるだけ。
別に謎解きなんかしていない。
警察の調査のおかげで無罪放免。
骨董が出てくるが、骨董に関するうんちくはそこまでディープではないし。

あくまでも、エンタメ小説。
あくまでも、ライトノベル…。

鬱陶しいはとこの出番が少なかったのが幸いか…。
しかし、ラブエッセンスとして出てきた新キャラが微妙にうざい…。
近所のおばさんもうざい…。
そういうキャラに囲まれた主人公の苦悩話なのかもしれないが…。

こんな調子だと続きを購入するかどうか…。
次である程度伏線を回収するならいいけれど、さらに伏線となるとね〜。
谷崎さんの作品って長いシリーズが多いよね。
今回は、こちらが飽きる前にさくさくっと進んで欲しいのだが、どうなるのかしら?
2015.03.24 Tuesday 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「不器用なサイレント」5巻 著者:高永ひなこ | main | 「ゲームセットにはまだ早い」著者:須賀しのぶ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:42 | - | - |