<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「辞めるまでにしたい10のこと」著者:鳩村衣杏 イラスト:みろくことこ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
小っちゃくて可愛い容姿を武器に笑顔で世間を渡ってきた編集者の純人。
だが初対面の新社長・難波に「可愛くない。腹黒さが滲みでてる」と素を見抜かれ、内心ギギギ。しかも担当書籍を「つまらない」と一刀両断される。
こんな失礼な男の下で働けるか! と退職を即決──のはずが、なぜか難波をモデルに本を出すことに。
これをベストセラーにして、辞表を叩きつけてやる…密かに誓う純人だが、ぶつかるたびに長年かぶり続けた猫が脱げ、難波の有能ぶりにドキドキしてきて──!?

鳩村さんの新刊。
クロスは初めてですね。
なんか、シャレードの作家さんのイメージが強いのだけどねえ〜。



web拍手 by FC2


あらすじを読んだときは、もっと性格の悪い受けなのかな?と思っておりました。
己の容姿を武器にラクをしてきたというか〜。
ちやほやされて勘違いしちゃっている子なのかなあ〜と思っていたらそうでもなかった。
己の容姿を武器にっていうよりは、己のポジションをわかっていて役割を果たしているような〜。
まあね、アイドル的存在、弟キャラに甘んじて、ラクをしていた部分もあるかな?
ただ、もっとズルかった受けが攻めに出会って、ギャフンとなり…、でもいつの間にやら〜という展開かと思っていました。
まあ、相手を見返そうと思い〜みたいな展開はあったのだけど、意外と早い段階で仲良しさんになっていたのでねえ〜。
あと、せっかく双子の弟がいるなら、もっと絡むかと…。
多少は絡んだけど、ただの弟でなく双子の弟だよ!
しかも、バイらしいし!
ドロドロがもう少しあっても?
って、こういう場合って、その弟に密かにコンプレックスをもっていることが条件かも。
それもなかったからなあ…。

とまあ、このように色々想像していたよりもあっさりとした展開でした。
弟ではなく、攻めの亡くなった妻に対してグルグルしてはいたけどさあ〜。
こういう場合、死んだ人とは勝負にならないのだから、昇華するしかないのだけどねえ〜。

ところで、この作品のタイトルは作中にも出ていた映画『死ぬまでにしたい10のこと』をもじっていると思われます。
鳩村さんはかなりの映画好き。
映画配給会社が舞台の作品もあったくらいだし。

あとがきによると、この作品のプロットはかなり前にあったけど、お蔵入りになりかけていたとのこと。
初め、出版社が舞台ということで、この作品とリンクしているのかなあと思っていました。
違う会社だったけど。
でも、ルナノベルズって今はなくなったから、そのためお蔵入り。
さすがに違うレーベルなので会社名を変えたってことかなあ〜と思ったりもしました。
だけど、タイトルが映画作品をもじったものというなら、どちらかというとコチラとリンクさせようと思っていたのかな?
会社の雰囲気はコチラのほうが近いような気もするし…。
どうなんだろう?
2015.04.15 Wednesday 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ご主人様とは呼びたくない」著者:渡海奈穂 イラスト:栖山トリ子 | main | 「恋する猫はお昼寝中」著者:松幸かほ イラスト:鈴倉温 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:14 | - | - |