<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「叶わない、恋をしている」著者:凪良ゆう イラスト:水名瀬雅良

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
事故で両親が他界し、片岡志貴は大学を辞め、昼は会社勤め、夜はバイトをして三人の弟を育てている。頑張らなければと思う反面、徐々に身も心も疲弊していく。
そんな折、志貴はバイト先で知り合った神谷にある提案をもちかけられる。
それは、援助と引き換えに、神谷の亡くなった恋人・暁の身代わりとして神谷の傍にいることだった。
恋をしてはいけない、寝てもいけない、それが暗黙のルール。わかっていたはずなのに、神谷に惹かれていく自分を抑えることができず、志貴は神谷と越えてはいけない一線を越えてしまい…。
書き下ろしを加え、文庫化!

文庫化作品。
カバーイラストは新しいらしい。
お得ですね。


web拍手 by FC2


切ない系。
十分切ない系なんだけど、あらすじだけを読んだ時点ではもっと切ないかと思っていた。
それこそ、受けはやむを得ず愛人契約を結び〜みたいな。
しかし、読んでみたら、金のためというよりも息抜きのために時々会う関係となったというか…。
悲壮感が思っていたよりなかった。
確かに弟たちのために大学辞めて働いて…。
苦労している…。
でも、攻めと過ごすために急に外泊したりと、全てを犠牲にしている感はなかったなあ…。
そのため、少々肩すかし…。
攻めの背景はシリアスでしたけどね…。
しかし、スーパー攻様のようで、実は単に金持ちの家に生まれた故にえった似非王子でもあったような…。
ヘタレでしたね。
スーパー攻様と思わせていたから余計に肩すかしのような…。
読んだひとによっては、ギャップ萌えがあるのかなあ〜。
少なくとも私はなかった…。
どちらかというと受けの弟のご機嫌をとろうというところにギャップ萌えがあったかな?

まあ、良い話ではあったのですが、なんか微妙に思っていたのと違ったので堪能できなかったというか…。
もっとセンシティブでよかったのでは…?
2015.04.22 Wednesday 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ましろのおと」13巻 著者:羅川真里茂 | main | 「隣人はチャイムを二度鳴らす」著者:中原一也 イラスト:ひたき >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:17 | - | - |