<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「隣人はチャイムを二度鳴らす」著者:中原一也 イラスト:ひたき

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
淡白そうな顔して、欲深いところもあるなんて……そそるよ
過去に囚われて生きる坂梨は、なぜか隣人の青柳に話しかけられるようになる。二人で過ごす時間が増えるにつれて坂梨の心は揺れて……。

死んだように、生きていた――。辛い失恋の痛手を抱えたまま静かに生きていた坂梨の前に、青柳という一人の男が現れた。隣の部屋に引っ越してきた青柳は、坂梨の気などお構いなしに生活の中に入ってくる。ぐうたらでだらしなさそうに見えるが、うまく距離を計りながら少しずつ歩み寄ってくれる青柳と過ごす時間は、次第に坂梨の心を解していく。だが、親しくなるにつれて坂梨の抱えるトラウマが疼く。過去と未来の狭間で葛藤する坂梨だが、ある夜、青柳にキスをされて……。

あらすじを読む限り、私が好んで読んでいた中原作品とは違うような〜と思いつつも、なんとなくタイトルに惹かれて…。
たまには違うテイストもいいのだが、前回がしっくりこなかったのでねえ…。


web拍手 by FC2


攻めはオヤジ属性でしたが、そこまで下ネタ満載ではなかったですね。
ここ最近の作品を全て読んでいるわけではないのですが、そこらへんは抑え気味の傾向になったのでしょうか?
まあ、某医師カップルのシリーズも終了したしねえ〜。

元カレが一番最悪だと思います…。
恋する気持ちは止められないのはわかるのだけど、いろいろと条件最悪だろう…。
ゲイでなかった(自覚がなかっただけかもしれないが…)受けに告白し、相手が戸惑っている所を畳み掛けるように押しまくってその気にさせといて、女に走る…。
しかも、相手は受けの仲のいい妹…。
顔が似ているとのことなので、アンタ、その系統の顔ならいいのか?
自分が悪者になる振りをしながらも、なんか色々最悪。
まださあ、元々ゲイの自覚があった受けがアピールしてならいいのだが、そうでないからさあ…。
っていうか、そういう出来事があって、5年間、元カレと妹が互いを想い合っていましたっていうのがどうなんだろう〜って感じがして。
妹はともかく、元カレが軽いイメージがあってさあ〜。
単に、受けの妨害にあって、付き合うことができなかったから、いつまでも引きずっているのでは〜。
悲劇のカップルぶっているのでは?
そういう態度がいつまでも受けが立ち直れなかったとういか…。
結局、自分の失恋よりも、嫉妬により汚い感情を大事な妹や恋人にぶつけたという嫌悪感が、受けを臆病にさせたんだよねえ〜。
100%被害者にさせてくれなかったのが原因というか…。

とまあ、受けに感情移入しすぎたのでしょうか?
いや、酷い話だわ〜と思い、攻めとの恋愛話の印象が薄くなったというか…。
攻めもかなりヘビーな(受けよりも重い)過去があったりするのだけど、話のほとんどが受けの視点で進行するからか、そこらへんの闇の部分が感じられなかったというか…。
某違法のものを手に入れる経過とか書かれていたら、何事?とか思って、攻めのほうの過去にも感情移入できたのかもしれないけどさあ〜。
もう少し、攻めの過去に関するシーンが欲しかったかな?
2015.04.26 Sunday 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「叶わない、恋をしている」著者:凪良ゆう イラスト:水名瀬雅良 | main | 「初恋の神様」著者:海野幸 イラスト:金ひかる >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:14 | - | - |