<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「きみを見つけに」著者:うえだ真由 イラスト:六芦かえで

JUGEMテーマ:読書


ぜんぶ信じていいですか?

よく見ると綺麗なのに内気すぎて目立たない遥斗は、バイト先のカフェで出逢った美容外科医・佳明に想いを寄せていた。でも…きっとこんな気持ちは迷惑。そう恋心を抑える遥斗だったが、ある日佳明から「きみは理想の人だ」と告白される。思わぬ恋の成就に夢中になる遥斗。だが佳明の本当の「理想の人」は遥斗にうり二つの昔の恋人だった。そんなこととも知らず、もっと彼好みになりたいと佳明に言われるまま、遥斗は服装や髪型、言動まで変え、一途に心を傾けてゆくが……。

ひさしぶりの感想。
その前に、昨日からのネタ。
ユヴェントスが決勝に進出した。
正直、難しいと思っていた。
まあ、バルサは強敵なんだけどさあ〜。
隣で大興奮していたイタリア人兄ちゃんに「日本で会いましょう!」って云いたかったけど、イタリア語が出来ないので云えませんでした。

サッカーネタはこれくらいで本来のブログネタへ…。


web拍手 by FC2


うえださんの初クロスノベルス。

読み進めるうちに攻めに腹が立つ。
ゲイであることに引け目を感じ、綺麗なのに目立たないように行けていた主人公・遥斗。
バイト先で知り合った憧れのひとと付き合うことに〜っていうステキ展開なんだけど、この相手がさあ〜。
偶然を装って、初心な主人公をロックオン!!
理由は、昔の恋人にそっくりだったからだとさ…。

もう少し、攻めにためらいがあれば許せるのだけど、もう会ったその日から、っていうかその瞬間からものにするため画策。
もうちょっと、違う人物だということを念頭に入れろよ〜。
しかも、昔の恋人と同じように行動するように誘導…。

こういう攻めは、真実を知った受けに手ひどく振られればいい!
そして、大事なものを失ったことを知ればいい!!と思い、いつになったらそういう展開になるのかと思いながら読んでいたのですが…。

大事なものを失いかけたけど、結局失わずに済んだという…。
いいのか!?それで!!
アンタ、そのことを知って、ずっと苦しかったんだろう!
と主人公に問いたくなった。
確かに、今は昔の恋人でなく、遥斗を愛しく想っているのは真実。
でも、それは攻めの心情も知っている読者だから知っていること。
そんな、恋人の言葉をあっさり信じちゃうの?
いや、最終的には元鞘だとは思うけど、もうちょっと離れてみて、相手の誠実さを見極めようとかさあ…。

主人公には幸せになってもらいたい。
それって、攻めとの真実の愛を得ることだとはわかっている。
しかしだなあ…、最低なことをしていた攻めにはもっと困って欲しかった。
そして、真実の愛を得るために、攻めにはもっともがいて欲しかったのだよ…。
思ったより、あっさりと展開したことに肩すかし…。
おだやかな性格の主人公で良かったね…。と思うしかないのか…。
なんだかねえ…。
2015.05.14 Thursday 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< トリノ旅行3 ユヴェントスミュージアムから聖骸布まで。ついでに山も見れたよ! | main | 昨日は… >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:38 | - | - |