<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「口元に赤いのついてます」著者:山田2丁目

山田2丁目
KADOKAWA/角川書店
¥ 648
(2015-06-01)
コメント:「口元に赤いのついてます」著者:山田2丁目

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
これって馴れ愛??
ハンター×吸血鬼のぶっそうで甘い日常。

寄るな、馴れ合いたいわけじゃない。

ある特別な吸血鬼を追う、若きハンター・アキ。現代に息づく闇を狩る…はずが、討伐に失敗しては吸血鬼に手料理でもてなされ、血まで吸われてしまう毎日。しかも、なぜかアキに執着しているこの吸血鬼に、アキは妙な色気を感じていて…? 鬼才・山田2丁目が贈る日常系ライバル・ラブほか、短編3作と描き下ろしを収録!


表題作は特殊設定ですが、結局は全部、年下攻めの短編集ってことでいいですか?
いいも何も、実際、蓋開けたらみんな年下攻めなんだよ。


web拍手 by FC2


山田2丁目さん、初の角川作品。
表題作の後半以外は読んでいたな。

このコミックの共通点をあげるとしたら、年下攻めですか?
っていっても、山田2丁目さんの作品って年下攻めだらけ?
年上攻めで浮かぶのってコレくらい?
他にもあるかもしれないが、浮かばない…。

今回のコミックは結構キャラが被っていたかなあ〜とは思うのですよ。
受けはツンデレ。攻めは鈍感っていうか無神経。
いや、今回に限ってないか…。
これって作者の好み?
結構パターン化しているような気もしないでもないが、楽しく読めました。
この作品の前日に読んだ恩田さんの作品位吸血鬼とか出てきたうえで、この作品で吸血鬼。
吸血鬼の定義が全然違ったのだけど、恩田作品は図書館で予約してやっとまわってきたのよね〜。
そしたら、この繋がり。
ちょっと運命?
2015.06.03 Wednesday 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「密約のディール」著者:英田サキ イラスト:円陣闇丸 | main | 「不機嫌彼氏のなだめ方」著者:左京亜也 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:28 | - | - |