<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「私がモテてどうすんだ」6巻 著者:ぢゅん子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
花依のことが好きだと自覚した六見。五十嵐たちは、あらゆる手段で告白を阻止しようとするけどあえなく失敗…!! 
最終的にはみんなで花依にキモチを伝えたけれど…!? 
花依、ついに新ジャンル「彼氏」に萌えるのかーー!? 
コミックス1〜6巻、累計100万部!! 
「別冊フレンド」にて絶好調連載中の腐女子のリアル乙女ゲーラブコメ、第6巻!

六見先輩が自覚したことにより、ぬるま湯だった関係が一気に白熱。
それよりも、後半は腐女子あるあるあるか?


web拍手 by FC2


全員に告白されて一気にクライマックスか?と思わせておきながら、新たなる萌えステージに進む主人公。
後半はあるいみ志摩ちゃんのターンなのか?
今回、ある意味正統派な主人公の相手役という感じなのに興味のわかなかった五十嵐が格好よく思えた。
ただ、個人的好みでいくと、これは五十嵐×二科の予感であってほしいのだが。
えっと、そうなると7は?

しかし、男と女の間には深くて暗い河があるといいますが、カップリングの相違、特に逆カプに置いても深い河があるといいますか…。
腐ってない人にとっては、なんのこっちゃ?という後半の内容だったかな?
主人公もだけど、このマンガ自体も開き直ったのか?
一番、開き直ったのは作者か?

まあね、もう大人なので、逆カプのひとを全否定はしませんよ。心の中で「はあ?何いってるの?」と思ったとしても(笑)
同じものを見たり、読んだりしているのに人それぞれの萌えがあるわけで…。
オタクの数だけ萌えがあるのでありますよ…。
ただ、こっちはそういうのもありなのかしら〜と譲歩しているのに、向こうが真っ向にこちらのカップリングを否定するとムカつくけどな(笑)

ところで、最近「刀剣乱舞」というゲームに萌えたひとからアレコレ聞かされているのだが、ゲームはもともとしないので、どうしても敷居が高い。
この作品に出てきた「甲冑乱舞」は気にならないでもないが…。
これみたいにアニメになればなじみやすいかなあ〜。
あるとしたら、深夜か日曜5時か?『戦国BASARA』やっていたし。
2015.06.17 Wednesday 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「特別になりたい」著者:桜木知沙子 イラスト:陵クミコ | main | どうでもいい話だが…。 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:28 | - | - |