<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「デートしようよ」著者:小林典雅 イラスト:麻々原絵里依

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
女子に免疫のない幼馴染・詠介の頼みで、女装でのデート練習に付き合うことになった紘斗だが……?
高スペックヘタレ攻×ちょっとHなお兄さん受の、年下攻ラブ・プラクティス!!

典雅さんと麻々原さんという組み合わせに雑誌掲載時から驚く。
なんていうか、麻々原さんって正統派というか〜。
別に典雅さんをディスってるわけではないが、正統派でないことは事実でしょ?


web拍手 by FC2


ゲイの男が知り合いのヘテロの男の恋を指南っていう展開は過去にも読んだことがある…。
しかし、そういうのは大抵、「初めて男を好きになったのですが、今までと勝手が違うのでどうしたらいいかわかりません…」と告白され、「仕方ない!オレが男の抱き方を教えてやる!」っていうやつでありまして…。
ヘテロなのに、女の子ってわからないよ〜。
女装してみて!!っていう展開は…。
この王道の斜め270度くらいの方向へと進むのは『小林典雅作品だから』といういつものセリフで済ましていいのでしょうか…?
デート指南作品はコチラもそうなんだけど、大勢に対しての講師とワンツーマンの疑似恋愛相手だと全然違うっていうか〜。当たり前か。

しかしまあ、女装もだが、攻めが思った以上にヘタレなのも予想外でございました。
いやあ読んでいて、これは作戦なんだろうなあ〜と思っていたから。
まあ、作戦っていうのも多少はあったけど、女の子とデートするっていうのは本当だし、どうせ紘兄にとって自分は対象外だし〜と、その子と付き合おうことも考えたのも事実。
あくまでも受け身?
ヘタレ以前のような気もする…。
そして、受けはガツガツ肉食系。
ちょっとHなお兄さん受けなんでしょうが、それこそAV的な?
男の妄想的な感じ?
そういう2人をいつもの典雅節がコメディとして話を中和させるのだろうが、個人的には受けの肉食っぷりに惹いてしまったというか…。
エロエロな受けっていうのは過去の典雅作品でもいるのだけどねえ…。
なんていうか、やっぱりディアプラスだと微妙に違うような…。
そういう色眼鏡で読んでいるから点数が辛くなっているのかしら?

2015.07.22 Wednesday 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ガンダムカフェにて | main | 「となりにケダモノ」著者:大和名瀬 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:50 | - | - |