<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「フェイク♂ 」著者:鹿乃しうこ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「ホトケ顔」のせいでエロとは無縁のいい人キャラに祭り上げられた 本性・ドスケベな男子高校生・仏田(ふつた)。 外見と中身のギャップに悩む彼は、常にアヘ顔で男女100人斬りと噂されるエロ教師・五十川(いかがわ)に救いを求め、悩みを告白するが――!?

「迷う男」「ササクレ・メモリアル」の最新作も同時収録!!
ギャップ男子達の悩める性春ストーリー☆

【収録作品】
フェイク♂/フェイク♂2/ササクレ・メモリアル Returns/迷う男〜FINAL QUEST?/仏田☆finally…!?(描き下ろし)

麗人作品って濃いよね。
鹿乃さんの作品だと余計にそう思う。


web拍手 by FC2


表題作カップルには萌えず…。
いくら『麗人』作品とはいえ、ニッチすぎる組み合わせなのでは?
って思うのですが、どうなんでしょう。
ってわけで、表題作カップル2作は流し読み。
個人的に楽しかったのは『迷う男』であります。
これで最後?
まあ、ダラダラ続くのもどうかとは思うが、それはそれで勿体ないとか、残念でならないとか…。
御園生の両親が良かったですね。
お嬢様気質が抜けきれない高飛車な母と、「パッとしてない」ようでみて実は決めるときは決める父。
滝川くんと御園生父のその後の交流が気になる。
御園生と母親が口論している中、2人でまったりとお茶なんか飲んでいたりするのかしら?
で、頃合いみて、お互いのパートナーのフォローをするという。
「パッとしてない」ようで、実は甲斐性があるというか。
実は一番お買い得なあいてなのでは?
母子して、そういうタイプをゲットするなんで、やり手なんですかね?
2015.08.21 Friday 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ましろのおと」14巻 著者:羅川真里茂 | main | グループ魂 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:36 | - | - |