<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「甘々と稲妻」5巻 著者:雨隠ギド

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
『good!アフタヌーン』で大人気連載中!既刊も続々重版、いま最も注目を集める食卓ドラマ。
妻を亡くした高校教師・犬塚は、単身で娘・つむぎの子育て中。料理が苦手な彼だが、ひょんなことから教え子の小鳥と一緒にご飯を作って、娘と3人で食べることに!
体も心も、ぐんぐん成長していくつむぎ。料理も料理以外でも、娘のためにしてあげられることはなんだろう――?
父の奮闘はまだまだ続く、にぎやかホームドラマ第5巻。


5巻です。
この作品の主人公って、あくまでも犬塚親子なのね〜と思ったり。


web拍手 by FC2


小鳥ちゃんのあれやこれやもありましたが、犬塚親子の成長が中心だったかなあ〜。
子どもが成長するに比例して父親も親として成長しているといいますか。
また、父子家庭ですから、父親としての成長と母親の役割をも補わないといけないのがありまして。
しかし、よく他所の子が大きくなるのって早いわねえ〜といいますが、つむぎちゃんの成長を見ているとそんな感じ。
いや、実際マンガの1年はリアル世界に比べるとゆっくりであるのですが、サザエさんのように同じ学年を繰り返すことはなく、ちゃんとつむぎちゃんは年長さん、小鳥ちゃんは高校2年生に進学しておりますので、時は進んでいます。
ゆっくりかもしれないけれど、確実につむぎちゃんは成長し、また小鳥ちゃんも成長。
犬塚先生も成長しています。

このままいくと、つむぎちゃんの小学校入学、小鳥ちゃんの高校卒業があるのでしょうか?
小鳥ちゃんのほのかな想いは今後どうなるのか?
まだまだ今後が気になる作品です。
しかし、クラスメイトのちよちゃんとつむぎのお友達のゆうかちゃんが似ているよねえ〜と前々から思っていましたが、血縁関係がありましたか…。
作者の描き分けの問題ではなかったのね(苦笑)

そして、マンガの実写化は基本やめてもらいたい派なんですが、もしコノ作品が実写化することがあったら、小鳥のお父さんは松重豊さんでお願いします。
2015.09.16 Wednesday 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「黒の騎士 Prince of Silva」著者:岩本薫 イラスト:蓮川愛 | main | 「恋よ、ハレルヤ」著者:鳥谷しず イラスト:佐々木久美子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:08 | - | - |