<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「恋よ、ハレルヤ」著者:鳥谷しず イラスト:佐々木久美子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
弁護士を目指しつつ、名門男子校で非常勤講師をしている律は、憧れの弁護士である理事長代理の仲塚から思わぬ申し出を受けるが……?

鳥谷さんの新刊。
鳥谷さんの作品の登場人物は弁護士や警察官が多いです。
好みだそうです。
で、今回は弁護士ね。


web拍手 by FC2


表題作の前半は雑誌で読んでいましたが、同じ号にこの作品の後半も掲載されていたのでねえ…。
正直印象が薄かった。
って、同時掲載がうんぬんというよりも鳥谷作品にしてはキャラがたっていないというか〜。
受けは結構普通の思考の持ち主だし、攻めはセクハラ変態発言するし、ある意味受けを自分好みに調教しようとしているが、それでも鳥谷作品にしてはまとも?
もう鳥谷さんの作品に関しては、どんなフェチの変態人物(主に攻め)が出てくるかというのを期待しているので、少々発言がセクハラ残念オヤジでも、満足できないというか〜。
基本的にはマニアックなプレイがある作品は好みでないのだけどねえ…。
しかし、鳥谷作品はその例外枠みたいで、そうでなかったらがっかりというか…。
割と、先生奮闘記が多くて、いつから恋が始まったの?っていう展開も不満なのかも。
始まりは物語以前だったのだけどさあ…。

しかし、印象に残ったのは主人公以外で、受けの生徒だったり。
嫌がらせをしてきた生徒に、実は好きだからそんな行動をしていたんだと告白され、そんなことされて好きになるなんてよっぽどMでないとありえないと、きっぱり拒絶。
ある意味、多くのBLを否定したセリフかと…。
だって、BLマジックだと、自分を強姦した相手と恋仲になるのよ。
よっぽどのMなのよねえ〜。
確かに、鳥谷さんの作品は初めが合意でないのはないかな?
不本意ながら合意っていうのはあるけれど。
どっちもBLマジックではあると思うけどね…。
2015.09.18 Friday 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「甘々と稲妻」5巻 著者:雨隠ギド | main | 「このカラダ、貸します! 」著者:秀香穂里 イラスト:左京亜也 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:30 | - | - |