<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「皇軍恋詩 紫の褥、花ぞ咲きける」著者:鳥谷しず イラスト:緒笠原くえん

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
男子の皇族はほぼ軍に属す、皇帝統治の軍事国家・神聖蓬莱帝国。
敵対派閥であると知りながら如月宮家の嗣子・紫苑に惹かれてしまった涼白宮星華は、彼が結婚するまで、とその身を捧げるが……。

鳥谷さんの新刊。
今回は花丸でもBLACKなので、そういうシーンが多かったです。
まあ、普通のでもこの人は多いのだけど…。
シチュエーションに変化?



web拍手 by FC2


ファンタジーってわけではないが(人外のものが出たり、魔法が使えたりできるわけではないから)日本のようで日本でない国が舞台。まあ、一応国名は違うが…。
設定からいって、大正とか昭和初期あたりの年代をモデルにしているのかしら?とあらすじを読んだときは思ったが、割と現代?
予想と違ったし、まあ慣れない設定なので最初は読みにくかったが、攻めの変態ぶりはいつもの鳥谷さんでした。
ただ、鳥谷さんの攻めは何かのフェチっていうか、受けの一部の器官に並々ならぬ執着をもつのだが(フェチとフェチなんだが、そういう言葉で済ませられないほど固執する)今回は特にそういうことはなかった。
ただ、そういうことをするシチュエーションが…。
馬にも迷惑だし、そんなことしながらバイオリン演奏って曲芸か!?と云いたくなるような…。
まあ四十八手でも挑戦したらいいのではないのでしょうか?
なんやかんやと受けは流されるし…。

しかし、この2人って敵対する派閥同士らしいが、そこらへんがイマイチ感じなかったなあ〜。
受けの従兄が攻めを毛嫌いしていたが、単に悪口云ってるだけだし、敵対派閥というよりも単に自分より人気があるから気に喰わないってくらいにしか思えなかったし…。
もっと人目を気にしながら逢瀬を繰り返すとか、周りの人間が相手の派閥とそれなりに牽制し合っている描写があったら、もっとロミジュリっぽかったのになあ。
そしたら、もっと受けがグルグルしてよかったかもしれないが、まあエロシーン満載でそこまでページが割けなかったということだろうか…。
まあ、幼いころがロミジュリではあったか?
ここで引き離されていたから今があるってこと?
ただ、こういう特殊な世界観の設定にするなら、もう少しエピソードが欲しかったかも…というのが個人的感想です。
2015.10.25 Sunday 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ボールルームへようこそ」8巻 著者:竹内友 | main | 「不思議の国のチーフ」1巻 著者:大和名瀬 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:10 | - | - |