<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「テッペンカケタカ 苦い飴」著者:石原理

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
腐れ縁のおさななじみから恋人になり、離れていた二年間の空白を埋めるように、とらとさくらは、体も心も求め合った。
けれど、とらの属する緋高組の組長、緋高を狙った抗争に、とらもさくらも巻き込まれていく。
なにがあってもさくらを守る、二度と泣かせない!
そう誓っていたとらだったが……
人と人、情と執着が絡まり合い、ついに迎えた結末は──!?

3冊目にして完結。
連載期間としては相当長かったかと…。


web拍手 by FC2


2ヶ月続けて刊行。
いや、その前が長過ぎたのですが…。
雑誌掲載時にほとんど読んでいたのですが、年に1〜2話ぐらいしか進まないし、立ち読みだし…。
まあ改めてまとめて読んでみました…。

雑誌掲載時にも思っていたのですが、これで終わり?ってやっぱり思う。
ラストは緋高さんと八代さんの話のようではないですか…。
いや、トラとさくらもある意味覚悟を決めたのかもしれないが、どちらが主役なんだか…。
ふたりの物語はこれからでしょ?って感じなのに連載終了ですかよ…。

あの1巻の冒頭の大人になった二人までの話は?
交渉人と闇医者になった二人は?
それぞれの親の話はどうなったんだ?
ミッシングリンクかよ?

あとは読者の方の想像のままに…ってこと?
最初からそういうつもりだったの?
あまりにも連載が続いたから、もうここで終了?
多分、後者だろう?
だって、1巻冒頭で親のことを交渉の条件にしていたから…。
あくまでも子ども時代があって、あの冒頭のその後を描くつもりだったのでは…。
と、個人的には思っているのですが…。
しかし、こちらがどう思おうと、作者が終了と云ってしまったものは仕方がない。
作者の意思なのか、出版社の思惑なのかどうかは置いといて…。
どうこう云ったが、やはり石原理の描く男はカッコいいということは揺るぎないものだったし…。
個人的には第二部と称して、大人になった2人を描いてもらいたいものだが、こればっかしは大人の事情が絡むのだろうな…。

2015.12.09 Wednesday 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「クロネコ彼氏のあふれ方」1巻 著者:左京亜也 | main | 「そこをなんとか」11巻 著者:麻生みこと >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:00 | - | - |