<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「探偵の処女処方箋」著者:鳥谷しず イラスト:金ひかる

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
憧れていた探偵になった高嶺は、業務提携を勧められて弁護士をする初恋の大伴を訪ねるが……?
やり手弁護士×お坊ちゃん探偵の再会愛♥

鳥谷さんもデビュー5年ですか〜。
月日が経つのは早いですねえ。
とりあえず、全作品読んでいるはず…。


web拍手 by FC2


この作品は、デビュー作のスピンオフであります。
この作品が雑誌に掲載されたときも読み直したのだが、やっぱり大伴先生に関するビジュアルの記載ないよね?
だkら、私のなかでは大伴先生って、イケメンでなかった…。
それこそ『何食べ』の若先生みたいなビジュアルと思っていたよ…。
まさか今になって、イケメンでホモかよ…!?って感じでありまして…。
口が悪いことが第一印象だったため、実は脇の人物もホモかもよ?っていう発想にもならなかたっしなあ。
まあ、いろいろな意味で今更ビックリな作品でございました。
プロットは早々に出ていたらしいですね。
それなら、さっさと出してくれれば、大伴先生の修正が早々に出来たのに…。
と思わないでもないが、これも運命なんでしょう。

で、雑誌掲載時から読んでいた人間としては、もともとのカップルの行方が気になっておりました。
警察関係にはにかむ椿原…。
彼氏(周りは彼女と思っているが)とラブラブなのは隠さない様子…。
順調そうだなあ〜とは思っておりました。
この調子で第3作を…と思っておりましたが、今回の文庫化でソチラのカップルもとりあえず一段落?
個人的には椿原の母と妹にあう灰音とかの様子を読んでみたいような気もするが…。
いくら灰音でも、女性を説得するのは大変だと思うのよねえ〜。
母親と妹にあれやこれやいわれるが、それに応戦する灰音っていうのは見てみかったような…。
いや、最終的には丸め込まれるのですよ。
どこか抜けている長男にはこういう人がいいでしょうって納得するのですよ。
そこまでの過程を読んでみたかったなあ〜って思ったり。
義父が反対するかもしれないけど…。
でも、こういうのは女性陣が納得したら、男性がどう叫ぼうと権利はないと思うのよねえ〜。
とりあえず、長男は婿入りしたということで…。
2015.12.14 Monday 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「STAY: DEADLOCK番外編1」著者:英田サキ イラスト:高階佑 | main | 「蜜色の恋」著者:鳥谷しず イラスト:周防佑未 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:06 | - | - |