<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「バクダン●ヘブン」著者:鹿乃しうこ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
銀行に勤める清浦奨悟は、両親の離婚で離ればなれになった兄・広暉と10年ぶりに再会する。
勤めていた会社が倒産し、路頭に迷った末に奨悟の家に転がり込んできたのだ! 
奨悟は嬉しい反面、能天気で無防備な広暉に戸惑っていた。
なぜなら、広暉に対して兄以上の気持ちを抱いていたからだ。
そんなある日、奨悟の前に広暉の恋人と名乗る男が現れて…!?

大洋さんでは4年ぶりのコミックだそうだ。
前はコレか。
まあ、『HertZ』では年1回ペースの掲載ですからねえ〜。
その分、カラー口絵多め(表紙だったやつだが)や装丁が凝っていたりします。
前回もそうですけどね。


web拍手 by FC2


ただ内容はニッチっていうかマニアっていうか…。
よくよく考えたら、鹿乃作品としては珍しくないのかも…。
ビッ○受けとか、ヒゲ受けとか、チビ受けとか…。
こういう受けではなくても、もともとマニアックというか〜。
ホストはともかく、いまもガテンが出てくるBLは少ないような…。
『Punch↑』が好き過ぎて忘れていたが、そういうえば昔は少々苦手だったような…。
まだ初心者だった頃だけど。
濃い過ぎてさあ…。

今は少々濃いだろうと平気になりましたが、ニッチなものには、今でも驚きますよ。
まあ、まだ他にもある内容かなあ〜。
実の兄弟でなかっただけ良かったかな…。

ベテランさんなので、話の内容はしっかりしていて面白かったが、萌えがあったかというと別問題といいますか…。
面白さと萌えは別なんだよねえ〜。
面白くても萌えがない作品はあるし、話はつまらないなあ〜とかよくあるわ〜とか思うのに萌えがある作品もあるわけで…。
そのときの気分次第で萌えるかも萌えないかもあるしねえ〜。
まあ、オタクの心は複雑なんですよ…ってことで。

2016.01.11 Monday 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「Voice or Noise」6巻 著者:円陣闇丸 | main | 萌えというものは予想外にいくこともあり…。 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 20:35 | - | - |