<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「結婚したいと言われても」著者: 秀香穂里  イラスト: みずかねりょう

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
恋に落ちる相手は選べない

結婚相談所の相談員・那波が担当する里見は背が高くルックスもいい年収三千万の人気作家。
釣書はパーフェクトだけれど、寝癖だらけの頭にいつでもスウェット姿、女心にはかなり鈍感で振られてばかり。
そんな彼を磨くため、那波は髪型、服装、デートコースと二人きりで恋のレッスンを始めた。みるみる垢抜けていく里見だったが、最大の問題はH!! 
夜のレッスンは、那波がくらくらするほど里見の甘い言葉攻めで始まって……♥

作家買い。
っていっても無条件ではないですけど…。
あらすじとイラストも考慮して購入。


web拍手 by FC2


もっと、レッスンと称して凄いことをするのかと思っていました〜。
って、いくら仕事とはいえ、やっていいことと悪いことがあるでしょう…。とは思うけど、BL界ではなんでもありですから…。
男相手は初めてなんで、どうしたらいいかわかりせんと抜かしてゲイ(ほとんどネコ)に対して、練習と称してあれこれお実践する攻めの話なんて何作読んだことやら…。
まあ、お相手したほうも気持ちがよかったのかもしれないが、それってどうよ!!とゲイの世界は知らないが、男女の世界だったら、殴り倒したくなるシチュエーション。
いやいや、あくまでもフィクション、フィクション…。
今回もまあよくあるパターン?
今までノンケだったくせに男に惚れた攻め。
ノンケ相手はこりごりの受け…。
ましてや仕事がらみ…。

まあ、今までも読んだことあるかなあ〜。
でもベテラン作家さんだったから、最後まで面白く読めました。
受けの往生際の悪さには多少イライラしたけどさあ。
あと、元カレが実際対面したらあっさりしたのが…。

主人公2人よりも主人公の仕事相手にイライラしたかも〜。
いや〜、全然人のこといえないけどさあ、そういうところに登録して、自分の条件を考慮して、そこまで要求する?
高収入かもしれないが、50代のくせに嫁は20代?
世代が違いすぎて、話題が合わんだろ…とか、フィクションなのに、そういうところを気にしました。
いや、女性陣もね…。
人生の大きな転機ですからね…。わかるのだけど、本当にそうなら凄いなあ〜と…。
なんか、本当に主人公たち以外の人たちがインパクトありすぎでしたよ…。
まあ、皆様、お幸せに…。
2016.02.14 Sunday 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ギヴン」2巻 著者:キヅナツキ | main | 「啓火心 Fire's Out」著者:日明恩 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 20:00 | - | - |