<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ましろのおと」15巻 著者:羅川真里茂

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
雪、清流、総一が個人戦で一堂に会する弘前津軽三味線全国大会。
総一の完璧な演奏、神木清流(緒方洸輔)の美しき演奏に続いて、雪の演奏がいよいよ始まる。
それは、いつもの雪の音を感じさせつつも、どこか違う音で――。

全国大会完結編。
で、これって、第2部(?)完結ってところ?


web拍手 by FC2


現在、休載中。
このコミック以降の内容が始まっていません。
2ヶ月くらいの休載かなあ〜と思っていたら、早4ヶ月…。
で、4月号の予告にも連載再会についてはなかったし…。
半年くらいの休載か?

さて、雪の三味線はひとつの区切りがつきました。
ある目標を達成。
色々な人に支えられ、彼は自分の音を開花させ、多くの人に聴かせることができたわけで…。
とても目出たい。
目出たいことなんだけど、これは彼にとって望んでいないことをも運んでくるような…。

大河さん曰く、どこの天然記念物かと云わせるほど、世間にその存在を知られずにすんでいた雪。
ところが、これ以降、世間にその存在を知られてしまい…。
どうやら周りがうるさくなりそうです…。

そして、なんか企んでそうな田沼父…。
この人と雪の関係は過去に明かされているのだが、深く語っていないからねえ…。
ただ、執着というか…。
息子に対するというよりも松吾郎さんの音に対する執着なんだけどさあ…。
それがますます酷くなりそうな予感をこの巻で出していましたね…。

そこらへんで、清流、総一がどうなるのか…。
そして、梅子…。

あと、なんといったって、若菜ちゃんだろう。
この作品、ラスボスは若菜ちゃんなの?
今後どうなるのか…。
1日も早く、連載が再開しますように…。
2016.02.21 Sunday 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「啓火心 Fire's Out」著者:日明恩 | main | そういえば、加賀×新条だったのですよ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 20:15 | - | - |