<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「リバーサイドベイビーズ」著者:砂原糖子 イラスト:雨隠ギド

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
家を出て河原に住み着き、悪友の多真上と喧嘩上等の日々を送る高校生の三丈。
だが似合いすぎる女装をしてキャバクラで働き始めたことから……!?

雑誌掲載時から思っていたが、こいつらバカだろ?
特にタマ!!


web拍手 by FC2


文庫書き下ろし版を読んだら、さらにバカだった。
タマもミケも…。
そして周りのヤンキー連中も。

雑誌掲載時にも思っていたが、これって舞台どこなんだろう…。
東京にこんなヤンキーいるのかなあ?
となると、砂原さんの地元県?
って、それは私の地元県でもあるのだが…。
大人しい学生時代を過ごしていたので、周りにヤンキーと呼ばれる連中はいませんでした。
せいぜい、制服なのにファーストフードで煙草を吸うバカ男子校生くらいしか接触したことがありませんでしたが、多分東京よりはヤンキーが生息していたはず。
川辺が舞台だが、そうなるとあの河かしら〜と思っていました。

まあ、例え東京でなくても、こういうやつら存在するのか?
っていうか、ミケの親ってロクデナシ?
金がないってわけではなさそう。
暴力ふるって追い出したわけでもない。
単に、ミケが居場所がないと感じて家を出て、川辺に住み着いただけ。
ただ、家出した息子を捜すわけでもないのよねえ〜。
ネグレストってやつ。

だけど、中学生時代からやっていれば、児相なりに連絡がいきそうな〜。
あくまでもフィクション?

そういうことはわかっているけど、主人公2人よりも親のほうが年齢近そうだから、読んでいて気持ちのいい設定ではないよなあ〜。
そういうわけで、なんか共感できない作品でありましたな。
やっぱり、学生の話は自分の年齢と乖離しすぎているので、いろいろあるわ…。
2016.03.23 Wednesday 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「北上家の恋愛模様 長男編」著者:可南さらさ イラスト:花小蒔朔衣 | main | 「RULES 2nd」2巻 著者:宮本佳野 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:18 | - | - |