<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「RULES 2nd」2巻 著者:宮本佳野

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
教え子との三角関係に悩んだユキが失踪──!? 
音信不通となった恋人を心配していたヒカル。そこに現れたのは、新人俳優の千尋(ちひろ)だ。
どこか刹那的な雰囲気を纏う青年は、ヒカルへの興味も露に接近してくる。
いっぽう新生活を始めたユキの元にある日、記憶を取り戻した志賀(しが)からメールが届き…!?

世の中、キレイゴとだけでなくイロイロあるのはわかっておりますが、フィクションの世界くらい純愛を通して欲しい派としてはしんどい作品でした…。



web拍手 by FC2


あくまでも作品そのものというよりも個人的好みであるのだけど、この展開は頭抱えたくなるくらい望んでいなかったというか…。
偏見かもしれないが、女性よりも男性のほうがリビドーがうんぬんというのはあると思うのね…。
だからね、不本意ながら過ちを犯すことはあるのかな〜って思うし、ましてや宮本さんの作品はそういうことが多かったり…。
しかしだなあ、あんなに深刻な展開をしていたユキの方の過ちはあっさりと終わり、今回はヒカルさんがグダグダというか…。
そして、アトリまで…。

いや、あれこれ面倒な恋人がいたら、イロイロ思うこともあるのだけど、1冊ほとんど浮気話ってどうなのよ…。
なまじ、本作が好きで、今回の続編を購入した人間としてはさあ〜。
こういうこともあるのだろうけど、私が望んだ展開でないから…。

最終的には両方とも元鞘に納まったからOKなのか?

個人的にはキツい作品でした。
マンガくらい夢見させてくれよ…。

しかしだなあ〜、ユキのほうをあそこまで引っ掻き回した志賀があれで終了ってどういうことよ!!
正直云って、ふざけやがって!!って感じなんですが…。
って、志賀がああじゃなかったら、ユキはどうしたのでしょうね〜。
やっぱり、ふざけやがって!!ってことか…?

2016.03.28 Monday 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「リバーサイドベイビーズ」著者:砂原糖子 イラスト:雨隠ギド | main | 読書メーター2016年3月 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:08 | - | - |