<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「獣皇子と初恋花嫁」著者:鳥谷しず イラスト:みずかねりょう

JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
そなたの色香が、獣人の情欲を誘うのだ――。
麗しの雪豹東宮×童貞教師の異世界トリップラブ!

高校教師の立夏(りっか)は、身投げする人を助けようとして川に落ち、気づくと獣人や耳と尻尾の生えた半人半獣が住む異世界にいた。不審者として捕らわれ、獣人に襲われるが、館の主人である麗しの東宮・紫藤(しどう)に助けられ、山荘に匿われることに。そこで、自分の額に「呪禁師」の徴があり、それが獣人を惹きつけるのだと教わる立夏。けれど、それが穢れない者(=童貞)を意味すると言われ、憤死ものの徴に「この徴を消したい」と訴えるが、そのためには純潔を失わなければいけなくて…?
まあ、面白かったですよ。
それは本当。
でも、求めていたのとは違うというか〜。


web拍手 by FC2


鳥谷さんの作品の特長といったら、フェチなんだよねえ〜。
主に攻めのフェチ。
スペック高いのに、残念極まりないフェチズム…。
いや、個人的趣味だろうって云ってもいいのかもしれないが、それを超える特異性…。
なまじ、スペック高いせいで残念度があがるあがる…。

しかし、最近そこまでフェチズムを感じなくなったような…。
こちらの慣れのせいかなあ〜と思っていましたが、今回はそうでもないような…。
異世界ファンタジーという世界観がそう感じさせているのでしょうか…。
十分、しっぽを駆使して、フェチズムを表しているような気もするのですが、もはや鳥谷作品ではそんなもの当たり前…。
初めての試みなのに、読者が勝手にハードルあげているよ…。
どうするよ、このさき…。
個人的にはファンタジーでなく、たんなる残念変態攻めを書いて欲しいなあ〜と思っていますが…。
世間的にはどうなんだろう?
フェチを極めて欲しいのが本音です。
2016.09.07 Wednesday 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 読書メーター2016年8月 | main | 結局、講談社からでるのか!? >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:23 | - | - |