<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「境界 ボーダー」著者:愁堂れな イラスト:奈良千春

今月で2冊目の愁堂さんの御本です。
新刊が出たら必ず買うという作家さんではないのですが、あらすじと奈良絵に惹かれて〜。
そして、やはりマグロに敬意をこめてということでしょうか?
(注)この作品はマグロ漁船ものではございません(笑)

境界ボーダー
境界ボーダー
愁堂 れな


【あらすじ】
ずっと隣にあった情欲の焔――
捜査一課の美形ペア、単独行動が多く問題児の松本と優秀な渡辺。松本の首は、十年来の親友でもある渡辺のフォローのおかげで繋がっている。が、松本が殺人事件の容疑者から話を聞き出すため、一緒に酒を飲んだあげくホテルで目覚めたことを知った渡辺の態度が豹変する。「お前が他の男に抱かれるのを黙って見ているわけにはいかない」そう松本を宿直室のベッドに押さえつける親友の目には、初めて見る光――情欲の焔がともっていた…。

拍手する

よくよく考えたら、前作同様、刑事である受けと高校時代からの親友がいて、でも親友と思っていたのは受けだけで、相手の方はぞれこそ高校時代から受けに対して邪な感情を持っていて、でも今まで我慢していたのだけど、あることがきっかけで逆切れして強姦してしまう…、という展開ですわ。
しかも、今回は高校、大学、警察とそれこそ10年来のお付き合い。
東大確実といわれていたり、警察になるにもキャリアが狙えるような頭脳を持っているにも関わらず、側にいるため同じ大学に進学、就職も所轄の刑事でいたり…。
健気というか、ヘタレというか…。
結局、逆切れして強姦してしまうくらいなら、玉砕覚悟で告白せんかい!!
女相手なら身を引くつもりだったんかい?
大体、10年の間にお互いにそういう相手はいなかったのかい?
強姦されたけど、嫌悪感を感じなかったことで、もしかすると自分も相手のことを…と受けが思うのも同じような展開ですね。
まあ、幸せならいいのでしょう。

さて、そういう恋愛方面の展開は別に、一応刑事物ですので、事件がおこっております。

章と章の間に、ある人物の告白がはいっております。
まあ、事件を握る鍵といいますが、犯罪にいたるまでの過去についての告白ですね。
まあ、誰の告白は謎にしているのですが、すぐわかります。
犯人もこの人で、動機としてはこうなんだろうなあ〜とある程度読めば判りますね。
ミスリードの相手もいますが、まあ、この人は引っかけで真犯人はこちらだろうなあと…。
あとがきに書いてある通り二時間サスペンス調ですね。
本格ミステリーとかではないので、ある意味、お約束展開でもいいのかなあと思ってみたり…。
しかし、タイトルの『境界 ボーダー』とあるけど、攻めはそれこそ悶々と10年間も邪な心を抱いていたのかもしれないけど、受けは全然気が付いてなかったわけだから、親友と恋人のボーダーラインにいる危うい関係ではなかったと思うのだけどね〜。
そういう意味のタイトルではないの?
帯のコピーが「安全地帯から危険地帯へー」とあるから、自分の味方(安全地帯)だと思っていた相手が、自分を犯そう(危険地帯)と思っていたということのボーダーラインかい?
攻めの渡辺の感情についてのタイトルなのかしら?
考え過ぎ?

ところで、口絵がヤバいです。
カバー掛けを断って良かったよ。
店員さんに見られたら、さすがにちょっと…。
2007.04.29 Sunday 15:18 | comments(4) | trackbacks(2) | 
<< マグロの話ですみません… | main | 「ベリアルの誘惑」著者:ふゆの仁子 イラスト:高階佑 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 15:18 | - | - | 
Jura (2007/05/03 7:13 PM)
こんばんは
こちらもTBさせていただきました。

なんだかもう松本の性格に馴染めなくてイライラしましたよ私。
渡辺は見かけよりずっとヘタレですね(笑)
10年間もよく側にいて耐えたな、なのに切れてあれ?

ラブの部分も妙に中途半端で消化不良に終わってしまった気がしています。

この人の書かれるマグロものってどんなんだろう不安だ(笑)
では〜
はーこ (2007/05/06 6:20 PM)
Juraさん、こちらにもコメントありがとうございます♪

本当によく10年も耐えていたな…と感心してしまいます。
あんな、刑事のカンなのかどうかわかりませんが、スタンドプレーもいいところだろう…。
フォローしている渡辺も浮かばれないと云うか…。
精神的Mなのかしら?なんて疑いたくなるような…。

色々と消化不良でしたね。本当に…。

そして、マグロは…。色々な意味で気になります…。

TBありがとうございました♪
にゃんこ (2007/05/10 4:16 PM)
はーこさん、こんにちは!

私はこの本を「聖なる黒夜」の後に読んでしまったので、余計に御粗末に感じてしまいました(^_^;)
比べる相手が悪いのですが…。

渡辺へたってますね〜(笑)
頭いいのに惚れた相手と一緒の大学…までは許すとして、仕事ぐらい自分で選びなさいよ!
告白する気がないなら、離れて忘れた方が良かったんじゃないでしょうか…。
今まで松本に女の影がなかったとは考えられないのに(まさか童貞なわけないですもんね)、一体今までどうしてたのか私も気になります。
渡辺、存在感が薄すぎでした。
松本の魅力もいまいちなんですが…。

TBさせていただきます!
ではでは〜
はーこ (2007/05/10 11:22 PM)
にゃんこさん、こんばんは♪

「聖なる黒夜」のあとに読んでしまったら、余計に辛口になりますよね〜。そうでなくても、ミステリーとしては・・・ですし(苦笑)
だけど、本当に渡辺がヘタレで…。
大体、一緒に警察官になったとしても、同じ署に配属される可能性って、どれくらいあるのでしょうか?
こういうのって、本人の希望とかで配属されるものなの?
大体、刑事になる前に交番勤務とかあるような〜。
と、ツッコミ所満載な作品でした…。
松本もなあ、あんなスタンドプレーばかりしていたら、降格されるのでは…。
BLはファンタジーだから気にしてはいけないのね♪と思うことにしました(苦笑)
なんか、文句ばかり云ってスミマセン…。

コメント&TBありがとうございました♪









境界 ボーダー 【愁堂れな / illust 奈良千春】
築地署でコンビを組む松本一起(まつもと いっき)と渡辺和美(わたなべ かずみ)は十年来の親友同士だ。繊細な容貌にそぐわぬ大雑把な性格の松本と、男らしく精悍な顔立ちで几帳面な渡辺。相反するような二人だが...
| 詞の音 | 2007/05/03 7:09 PM |
境界 ボーダー
境界ボーダー愁堂 れな Amazonで詳しく見る by G-Tools 愁堂先生は毎回イラスト買いなのです。 今回は刑事モノ。 …オールバックは苦手だ (-_-) 【境界 ボーダー/愁堂れな/奈良千春/f-LAPIS(2007年)】 オススメ:
| にゃんこのBL徒然日記 | 2007/05/10 4:14 PM |