<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「こんなハズじゃなかったのにさ」著者:高月まつり イラスト:海奈

買うつもりはなかったのですが、『ラブ・コレ』の番外編を読んで、本編も気になって…。
出版社の思うつぼです…。
でも、自分でも『ラブ・コレ』を買った時点で、こうなるのではと思っていました。
きっと、夜光花さんのも買ってしまうと思います…。

こんなハズじゃなかったのにさ
こんなハズじゃなかったのにさ
高月 まつり

【あらすじ】
中埜里久・30歳は、この記念すべき節目の歳に自分に正直に生きることを決めた。
きっかけはデートクラブ、『アンダー・ザ・ローズ』「シャイなあなたに夢のひとときを。擬似恋愛を楽しんで頂けます。(同姓デートも承ります)」品のいいサイトの一番下に書かれた、里久にとって最も重要な「同姓」という言葉に、即デートの予定を入れたまではよかったが、派遣されてきたのは、里久の希望した「小さくて可愛い男の子」ではなく、瞳の鋭い長身の華麗な青年、時春だった。
「俺は可愛がって欲しいんじゃない。『可愛がりたい』んだ!」すぐにチェンジを試みる里久だが、逆に時春に気に入られ…!!

アホです…。
この受けさんは物凄くアホだと思いましたよ…。
可愛い男の子を抱くつもりでデートクラブの会員になったものの、派遣されてきたのは好みの正反対の男。
普通、入会金が高くても、そんなところは辞めて他のデートクラブを活用するのでは?
とか思ったり〜。
いや、それでは物語が進みませんから…。

可愛い男の子をアンアンいわせようと思っていたのに、気がつけば、自分がアンアン云ってるんだからな〜。
結局、心の底では抱かれたい側だったのだけど、自分は可愛い容姿でないということと男の矜持ゆえに、抱く側だと思い、刷り込み状態だったと云いましょうか〜。
まあ、可愛いといってくれる人にイレギュラー的とはいえ出会えたので、良かったですね。
お幸せに♪
という、お話でした。

しかし、実は自分がされたかったのだけど、刷り込みによりしたいと思っていたいろんな行為。
マニアックというか上級者コースと云うか…。
攻めさん曰く、絶倫淫乱らしいですからね〜。
そんな方の相手ができる攻めさんも充分絶倫だと思います。
しかも、属性ドMな受けさんでしたよ。
そんな貴方にピッタリの相手が見つかって良かったですね。
ステキデートクラブですね。

しかも、脇役秘書カップルが気になるかも〜
『ラブ・コレ』にも登場していたけど、この二人の馴初めとかそのうちあるのかなあ〜?
2007.05.30 Wednesday 22:38 | comments(4) | trackbacks(1) | 
<< マグロ速報 | main | 「シグナル」著者:日高ショーコ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:38 | - | - | 
miku (2007/05/31 12:58 AM)
私も「ラブ・コレ」買いました。
私も出版社の思うツボになりそうです・・・○| ̄|_
はーこ (2007/06/01 1:13 AM)
mikuさん、こんばんは♪

この作品のタイトルではないですが、まさにこんなハズではなかったのに、出版社の思惑にハマり、予定以外の本を買っていたりします。
まあ、こちらとしては、面白い本を出してくれるなら、踊らされとてもかまわないです。
しかし、出版社もいろいろ考えますね♪
miku (2007/06/01 9:35 PM)
私もこんなハズじゃなかったのに、買っちゃいました〜(^^;でもおもしろかったです!

ほんとアホな受けでしたね〜♪何度も心で突っ込んでしまいましたよ!でも結局、里久はこの世界初心者なのに、お金持ちでかっこいい恋人を見つけられてよかったですよね〜!

私も雛山と桂城の馴れ初めが気にかかります。本編ではちらっとしか出てませんが、番外では「桂城はノンケだった」とか、なんだか気になる展開になってますし〜!

TBお願いしますね〜!
はーこ (2007/06/01 11:06 PM)
mikuさん、こんばんは♪

きっと、私たちの他にもこんなハズじゃなかったのにさという人たちがいると思います♪
しかし、受けのアホっぷりが笑えて楽しい作品だったので、良かったです♪
続編というかスピンオフ作品出ないですかね〜。
密かに期待していたりします。

TBもありがとうございました♪









こんなハズじゃなかったのにさ
「ラブ・コレ」読んで気にかかった高月まつりさんの新刊。夜光花さんと、奈良千春さん目的で「ラブ・コレ」買ったんですが、あれ? アホでドリーマーな受けに笑ってしまいました! こんなハズじゃなかったのにさ高
| BL本の日記 | 2007/06/01 9:35 PM |