<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「きのう何食べた?」著者:よしながふみ(モーニング26号)

4話です。
相変わらず、物語のコンセプトがわからないワタクシはアホなのでしょうか?
今のところ、のんびりゲイライフのマンガとしか思えない。
しかし、ほのぼのハイスクールライフものと思った『フラワー・オブ・ライフ』がああいうラストを迎えたからさあ、油断はならないかと〜(笑)
油断しているところに、ガツンと何かが起こりそうな気はしますね。

拍手する

イチゴジャムを作る男性はそうそういないような〜。
しかし、私あんまりジャム食べないんだよなあ〜。
トーストにはバター。せいぜいマーマレードです。
ブルーベリージャムとかをヨーグルトに入れることはあるけどね。
っていうか、あんまりパン食しないから。
朝でもご飯さ。
みそ汁までつくることはあまりないけど。
大体、3食同じもの食べているというか〜。
少なくとも朝はお弁当用に作ったものの残りです。
なんで、パンを食べないかというと、経済的理由が…。
シロさん同様、私もパンに関してはパンドラの箱を開いちゃったクチで〜。
近所に美味しいパン屋があるのです。
しかし、高いのです。
普通の食パンが一山290円です。それをお店で八つ切りにしてもらっています。
シロさんはああいいましたが、私にとっては290円の食パンは贅沢品ですよ。
しかも、もっと高い食パンもあるのですよ。リンゴ天然酵母パンとか、干しぶどう天然酵母パンとか〜。一山590円とかです。
そんなお金あったら、BL文庫を買うよ…。
しかし、一度そこのお店のパンを食べたら、他のが食べれなくなりました。
だから、滅多にパンは食べませんね(苦笑)

しかし、今回のパン屋の女主人さん。
なんか、モデルは『愛がなくても喰っていけます』のパン屋の方と同じかなあ〜とかおもってしまいました。

さて、次回はどんなお話でしょう。
なんか、自分でも作ろうかと思う料理を出してくれないかなあ〜。
2007.06.01 Friday 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「烙印の夜に逢う」著者:柊平ハルモ イラスト:円陣闇丸 | main | 「まぐろ」(「旬」 がまるごと 2007年 07月号 ) >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:14 | - | - |