<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「最後のテロリスト3〜鳴動〜」著者:谷崎泉 イラスト:シバタフミアキ

ラステロ完結編です。
今回のカバーイラストはセキです。緑のバックです。
私は黄色辺りかなあと思っていましたよ。

最後のテロリスト 3 (3) (二見シャレード文庫 た 1-38)
最後のテロリスト 3 (3) (二見シャレード文庫 た 1-38)
谷崎 泉


【あらすじ】
蓮が旅立ち、音信が途絶えて五年後。セキは故買屋を続けていたが、興津組の内部抗争の余波でチャイニーズマフィア・劉につけ狙われることに。氷川殺害の黒幕とされる劉は、蓮の仇でもあった。自分を翻弄させた唯一の男・蓮との再会にセキの心は揺れて――。シリーズ完結巻!

拍手する

ラステロ3巻目。
今回は前回で蓮に振り回されてばかりで、はっきりいっていいところなしだったセキの視点です。
前巻から5年経っております。

どうなんですかね?
商業誌版しか読んでいない人は、前回でセキ側の内情とか知らないわけじゃないですか。今回の話でセキの仕事内容とか色々でていたが、いきなりすぎて付いていけなかったのでは?
仕事云々は別にいいのか?蓮と再会さえしてくれたら…って感じなのでしょうか!?
だけど、心の変化が急だったのでは?うーむ。

話の展開は同人誌版とほぼ同じでした。
唐沢のほうの父親とかが少々違ったり、ある人物が出て来なかったりはしてますが、本筋が変わることなしです。
もう少し、威士が出るかなあとか期待しておりましたが、無理でした。
セキの視点だから仕方ないのですけどね〜。
勿論、凪なんかこれっぽちも出ておりません。
セキが凪のことを知る由もないのだから、当たり前なんですが…。

こう3冊出揃うと、1巻の『胎動』だけちょっと毛色が違うような…。
『胎動』はあくまでもプロローグだったのだなあと〜。
威士と蓮の出会い、なぜ二人がヤクザの世界に入ったかというわけのための巻だったような〜。
いや、同人誌版読んでいたから、わかってはいたのですが、今回の『鳴動』がここまで、同人誌版どおりになると思っていなかったのですよ。特にラストがね。
まあ、とにかく完結ですね。
だけど、そのころ凪は?って思ってなりません。
番外編っていうか、そちらのフォローの話も書いてもらいたいものです。
それとも、そちらは同人誌で書かれるのかなあ〜。
すでに、蓮の帰国直後のころの2人の話とか同人誌で出ているしさあ…。
その後の2人。
それこそ、決戦前夜の話とか読んでみたいものです。
お願いしますよ。谷崎センセイ…。
すみません、威士が好きなんで…。
2007.06.30 Saturday 02:40 | comments(4) | trackbacks(1) | 
<< 「あかないとびら」著者:鈴木ツタ | main | 「牛泥棒」著者:木原音瀬 イラスト:依田沙江美 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 02:40 | - | - | 
(2007/07/04 12:57 AM)
お久しぶりです。ナオミです。ラステロ3、楽しみましたが不完全燃焼です。
蓮と威士のその後も是非読みたかったし・・・でもそうするとヤクザ抗争ものになっちゃてテーマが少しはずれちゃうのでしょうか?また、蓮の父親と氷川と唐沢の関係なんかも・・・書かれて無い部分に次々と興味が湧いてくる作品でした。
 大変遅くなりましたが、同人誌の情報もありがとうございました!お陰様で棘を読む事ができました。(蜜が完売で残念です)
は〜こさんのおっしゃる通り、もっと威士と凪の話が読みたくてたまらなくなりました。これはもうアンケート葉書出す他ありませんね。
いろいろとお世話になりました。感謝です。
tatsuki (2007/07/04 7:29 PM)
こんばんは、はーこさん。
びっくりするくらい、のめり込んでしまいました…。
大好きな『君好き』最終回を読んだ時もこんな感じだったのですが、魂が向こう側へ飛んでいきっぱなし(笑)。
ここ3日間、威士と凪とセキと蓮のコトばかり考え続けてます。
大団円だったけど、終わってしまうと本当に寂しいなあ。

ではでは!
TB頂きますね♪
はーこ (2007/07/04 11:08 PM)
ナオミさん、こんばんは♪

ラステロ完結編。
まあ、色々と思うところがあります。
しかし、一人の視点、しかも巻ごとにそのキャラが違うシリーズ…。となると、これが限界かなあと思ったりします〜。
その後の威と蓮が気にはなりますけど、こういうラストもありかな〜。余韻を残すといいますか…。
でも、これって同人誌版と同じラストなんですよね…。商業誌版はもう少し突っ込んでくれるかな?と期待していた分、落胆したのも事実だったり…。
個人的にはスピンオフ作品をなんらかの形で出してもらいたいなあと思っています。
やはり、アンケートハガキを出すしかないですかねえ…。
頑張ってみようと思います。

あと、『棘』読まれたのですね♪
思えば、このシリーズで最初に読んだのはこの作品でした。
そして、すぐに同人誌版の『最後のテロリスト』を探しに某古本屋に行きました。
そういう意味で重要な作品でした♪

コメントありがとうございました。
よかったら、また来て下さいね♪
はーこ (2007/07/04 11:21 PM)
tatsukiさん、こんばんは♪

大丈夫ですか?こちらに戻ってきましたか〜。
いやあ、終わっちゃいましたね〜。
大団円なんでしょうね…。
私としては色々思うところもあるのですが、これ以外のラストを読んだら読んだで複雑な気持ちになるのだろうなあ〜。
まあ、3か月堪能しました。
イラスト含めて!!
シバタさんのイラストに惹かれて購入された方は結構いるのでは〜と思うのですけど、どうなんですかねえ。
BLらしくないイラストでしたが、ラステロの世界には大変マッチしていたと思います。

TBもありがとうございました♪









最後のテロリスト3〜鳴動〜
未だに興奮が冷めません!一昨日に買ったばかりの3巻を読了し、昨日1巻から改めて読み直し、 そして、今日こそはちゃんとした感想を仕上げたいと思ってはいるのですが、コレがなかなか…。 本当に今までBLを読み続けてきて
| la aqua vita | 2007/07/04 7:23 PM |